ブログ 生活 社会

大阪地震の今後の予想と天気は?備えるべき必需品・準備物リスト!

投稿日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

2018年6月18日朝に大阪府の北部で震度6弱の地震が発生し大混乱となりました。

現在の状況と今後地震予想天気の注意点、備えるべき物について綴りたいと思います!

 

Sponsored Link
 

 

2018年6月18日大阪地震の発生状況!18日は余震の可能性も!

大阪府では震度6弱、京都では震度5強の地震が発生しています。今回は直下型地震で有馬-高槻断層帯の東端で発生しており、阪神淡路大震災とは別の断層のようです。

もし同じ断層だったらもっと大きい地震だった可能性もあるとのこと。 8頃の発生でしたがその後も震度1~2の地震が10~20分ごとに頻繁に続いています。

予断を許さない状況であることは誰しもが分かることではありますが、この6月18日に発生した最初の震度6弱の地震が今後の大地震の余震だという可能性もあるらしいです。

記憶に熊本地震の場合は最初の大きい地震が前進と言っておおよそ3時間以内に震度教弱以上の地震が数回発生や訓にするとマグニチュード5クラスの大きい地震が多く発生していました。

今回はその時に比べると比較的小さい地震が続いてることから状況が違うということですが安心はできません。

 

 

油断できない大阪地震の今後の予想と天気は?

規模の大きい地震の場合、過去の事例ではその後同程度の地震が発生する確率は1~2割程度あるらしく気象庁は注意を促しています。

ですので今回2018年6月18日発生した地震は震度6弱ですから今後震度6弱の地震の可能性も気象庁は予想しており1週間程度は警戒が必要とのことです。

さらに、梅雨時期であり今後一週間の関西方面の天気予報は曇りベースで時々雨で、山側では地盤のゆるみによる土砂崩れという2次災害の可能性もあるようですから地震そのものだけではなく土砂災害、地盤沈下等にも注意が必要とのことです。

地震前後で様子が違ったり違和感を感じる場所があれば近づかないことが無難かと思われます。

また、家屋の傾きや弱った部分もあると思いますから、それぞれの住まいにおいて危険を予測できる部分については近づかないことが先決ですし、何か起こることを想像し備えておくことが重要かと思います。

なんだかんだでこういった事態の時は自分の身は自分で守る他ないと考えます!

 

Sponsored Link
 

 

今からでも遅くない!今後の備えるべき必需品・準備物リスト!

今後一週間は同クラスの地震に警戒ってことですから、今からでも備えることは遅くないですよね。

備蓄等普段やっていない方でも今回大きな被害にあわれていない方でも防災用品をこれからでも揃えることも必要かもしれませんから必要品・準備リストとして以下にまとめました。

参考にしてください。

支援物資が届くまでの基準とされている3日分準備することが推奨されています。

・水 3リットル/1日(1人)

・日持ちする食べ物 (乾パン、缶詰、インスタントラーメン、チョコレート、飴、アルファー米など…)

・薬(傷薬、胃腸薬、風邪薬、消毒液など…)

・懐中電灯、ラジオ、乾電池

・衣類や毛布、タオル、靴

・火 (マッチやライター)

・ティッシュ

・個人ごとにないと困る日用品(メガネや生理用品等…)

 

もし可能であれば…

・携帯充電器(電池やソーラーパネルで発電できるもの)

・通帳や現金

・カセットコンロ ・紙コップや皿、割りばし

・ゴミ袋

・油性ペン

 

最低限必要なものは書き出しました。

また、瞬時に避難するときに持ち運べるものは限られていますから、臨機応変に動きが取りやすい程度の荷物にまとめておきましょう。

ですから即非難用具と常備防災用品を分けて自宅に保管しておくことが望ましいですね。

非常時ですからいろいろあると便利でしょうが、あまりに詰め込むと動きを取りづらいですから本当に必要なものとあると便利なものとで分けておくのも必要なことかもしれません。

瞬時の判断で持ち出すか否かを迷うことが危険な行為となりえますので。

今回の大阪を震源とした地震以外でもこれは重要なことですからその他の地域の方もこれを機に非常用品を買いそろえる、また災害を想定した動きのシミュレーションなどした方がいいと思います!

-ブログ, 生活, 社会

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

  1. […] 大阪地震の今後の予想と天気は?備えるべき必需品・準備物リスト! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上