お笑い ブログ

チョコレートプラネット長田 和泉元彌のセリフの元ネタに衝撃…狂言オモロwww

投稿日:2019年1月8日 更新日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

2018年後半から、かなり勢いに乗っているお笑い芸人のチョコレートプラネット(チョコプラ)ですがコントの面白さも当然なんですが、なんと言ってもモノマネのクオリティが話題になってますよね!

ミスターシャチホコと和田アキ子の共演番組は?本人の反応が驚愕…

そんな複数のハイクオリティものまねの中から長田庄平さんのレパートリーである、和泉元彌さんのモノマネについての驚愕情報をキャッチしたので紹介します!

 

Sponsored Link
 

 

チョコプラがめっちゃ面白い!コント&モノマネネタ!

松尾駿さんもコント含め、めちゃくちゃ面白いんですがとりあえず今回は長田庄平さんの和泉元彌さんについて調査・紹介していきます!

チョコプラって最近でこそ、売れっ子の仲間入りみたいな感じになってきてますが、ここに来るまでにかなり時間がかかっている印象です。

5-6年前にすでにコントで独自性を出していてすぐに売れそうだなぁなんて思ったのは2014年のキングオブコントでしたね~

ポテチネタはめっちゃ斬新でした!

 

 

ああいう業者さんいそうですし、ポテチ開封業者って設定がめちゃくちゃよかったですよね!

そういうお笑いの王道ではなくて、世間としては話題のモノマネとかの方が取り扱ってくれるってことでしょうね。

和泉元彌さん自体が年配の方々に対する知名度が高くて、そういった層へのアプローチもテレビ局としてはありがたいんでしょうし、何よりバラエティへの対応力も認められてきたってことですかね!

ここの所、相方の松尾さん扮するIKKOさんと長田さん扮する和泉元彌さんのモノマネの組み合わせでテレビ出演されることが多数ですが、あの組み合わせマジでツボです(笑)

 

 

そろりそろり」と「どんだけ~」の組み合わせ抜群です!

そろりそろりゲームってなんやねん(笑)

マジムズイわ~

 

チョコプラ チョコレートプラネット 長田庄平 モノマネ 和泉元彌 セリフ 元ネタ 狂言 松尾駿 IKKO そろりそろり ZOZOTOWN 前澤

 

チョコプラ長田庄平 和泉元彌のモノマネが激熱!

チョコプラ長田さんがやっている和泉元彌さんのモノマネをおさらいしておきます!

狂言師の格好をした、長田さんが『そろりそろり』というセリフと共に手を前方斜め下に差し出し、すり足のゆっくりと動き回ります。

確かに「そろり」感出てますね~(笑)

そして、狂言イメージがダイレクトに伝わってくるため非常に分かりやすいモノマネですね!

 

チョコプラ チョコレートプラネット 長田庄平 モノマネ 和泉元彌 セリフ 元ネタ 狂言 松尾駿 IKKO そろりそろり ZOZOTOWN 前澤

 

ネットニュースなどでは、このモノマネが動きがゆっくりとしすぎて地味なので見せ物としては今一つ的な打ち出しをしていますが、私的にはそれも含めて画面の雰囲気含め面白いと思っています。

確かに爆発力と言われると、相方のモノマネ・IKKOさんと比較してしまうと劣るかな~とは思いますね。

活気に欠けるのは間違いないですが、それも含めのあのモノマネでしょ! もっとどんどん取り扱ってほしいですね!

でも、あまり人気ないのかな~?

ZOZOTOWNの前澤社長の方がインパクトあるんでしょうかね?

あれも、顔真似でしょ?でも話題の人物だけあって需要があるんでしょうかね?

 

Sponsored Link
 

 

チョコプラ長田庄平 モノマネ・和泉元彌のセリフの元ネタが…爆www

ちょっと気になり過ぎて、和泉元彌さんのモノマネ『そろりそろり』の元ネタを調査してしまいました!

そうすると、信じがたい真実を知ってしまったんです!

まず、『そろりそろり』というセリフの元ネタですが、そもそも「セリフ」という言葉自体が狂言発祥らしいです!Σ(・□・;)!

風の谷のナウシカ歌舞伎の配役は?巨神兵や王蟲は原作のあの人が適任www

これには驚きました!

てか語源を知ってしまった以上、それより驚くことなくね~?ってハードルめっちゃ上がっちゃいました!

で『そろりそろり』ですが、決め台詞的な扱いではなくて何気に使っている言葉らしく、特に和泉元彌さん特有の言葉でもないようです。

そして、実は流派がいくつかあって長田さんが使っている流派は和泉元彌さんの属する和泉流ではないらしいです。。。

それは、狂言師であれば一目でわかるらしく、手の形が違っているとか。

 

 

和泉流は握るのに対し、長田さんは手を開いていますよね。それが明らかに流派の違いを示しているとのことです。

ってことは、誰もが元ネタは和泉元彌の狂言の演目の一つと思っていると思いますが、実はそれは違っていて、元彌さん特有の演目でもなければ、流派も違うってことでもはやモノマネではないのでは?というオチでした。。。

こんな微妙な空気を作ってしまってすみません。。。面白ければOKですよね!要は雰囲気モノマネってことですね!

実は、狂言って喜劇だって知ってました?現代で言えばドリフターズのコントみたいなことらしいですよ!

M1グランプリ2018 決勝ネタの感想&順位・得点!ブレイク期待の注目コンビも!

ですから、よくよく見ればめっちゃ笑えるかもですね(爆)

では、私はそろそろ『そろりそろり』と撤退いたします。。。

-お笑い, ブログ
-, , , ,

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上