ドラマ ブログ 相棒16

相棒16 9話感想・10話あらすじ!健太郎(上條)は犯人か否か?

投稿日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

皆さんいよいよ待望の10話、元旦スペシャルですね。

「サクラ」ってタイトルどういう意味なんでしょうか?

9話とのつながりがあるのか?ないのか?それとも今後11話以降の伏線・・・。

そんな色々な想像が膨らみますが、答え出ませんので、もうリアルタイムで見るしかありませんね!

で、私なりに9話感想を語ってみるのと10話のあらすじをおさらいしておきましょう。

 

Sponsored Link
 

 

 

9話感想

第9話のタイトルって覚えてますか?

そう「目撃しない女」でした。

想いを寄せる新崎芽依(朝倉あき)になんとか近づこうと冠城亘(反町隆史)が何度も彼女のタコライスを食べに行っていましたが、全く顔を覚えられなかった理由が私的には最も衝撃でした。

なんやねんそれ!

って推理しながら見てる視聴者の方って多いと思いますし、私もその一人ですがそんなんわかるかって理由でしたね。

人の顔を認知できない病気って・・・。

なんか事件を追うメインストーリーに対してサイドストーリーの鉄板色恋が入ってきたのでドキドキしてたらそんな感じって...。

こっちは亘(反町)の気持ちになってるから結構ショック受けましたね。 ですが制作側としては恐らく当てられたら負けと思ってるはずなので、その視点では正解ですよね。

で、それでも想いは変わらない超男前の一途な亘(反町)イケてますね。彼女の危機を全身全力で救うあたり、かっこよすぎます!

それで刺されたことで覚えられない病気の彼女が亘(反町)のことを認識できたと思われる瞬間めちゃめちゃ「グッ!」ときました。

やっぱ鉄板でもこの展開は期待しますし、その通りになったら毎度嬉しいですよね!

もう~感情移入しすぎ!

「目撃しない女」ってタイトル、・・・目撃してるけど記憶できない女ですよね!

細かすぎるわッ!(ツッコミ)

で、メインストーリーの方は右京(水谷豊)さんにお任せした形で今回の感想は終わりっ!

朝倉あきさん美人だしいいですね!私あまり知りませんでしたが、今後注目ですね!

 

朝倉あき 相棒16 9話 新崎芽依 目撃しない女

 

10話あらすじ

ことの発端はクリスマスイベントでの発砲事件ですが・・・

ちょっと待って!

こっち正月っす!

ってそれは置いといて、広報課はサクラ(私服警官に支給された銃)が使われたことを隠そうとするがそれをあざ笑うかのようにハッカーがそれを拡散した。

発砲事件に関わった、被害者、加害者が共に姿を消してしまい捜査が難航している中、亘(反町)は半年前に失踪した高校生3人組(上条喬樹/健太郎・椎名智弘/小原唯和・富樫航太/山下真人)がその両方に関わっている可能性をある筋から仕入れることになった。

この3人はコンピュータのセキュリティに対して大会で優勝するほどの腕前であることが分かり、3人の中でもリーダ格の上条喬樹(健太郎)に目を付け情報取りに走るものの・・・。

それと同時に政府(有馬/鶴見辰吾)から警視監(衣笠/大杉連)に捜査中止を指示させた。

この動きがなにかおかしいと感じた右京(水谷豊)と亘(反町)は謹慎覚悟で捜査を続行する。

そんな中浮かび上がるそれぞれの点を結ぶ線...、果たして発砲犯、ハッキング犯とリーダ格の上条喬樹(健太郎)の関係とは?

 

Sponsored Link
 

 

健太郎(上條)は犯人か否か?

この展開、恐らくキーマンが3人組に分かれていますが、あらすじ上のストーリーをたどると構成の中で最も焦点を当てていそうなのは上条喬樹(健太郎)のはずです。

現実視点で行くと、恐らく健太郎が、昨年(2017年)にかなりの知名度UPをしていると思いますから、今売り出したい若手俳優ですよね。

それを起用するところもそんな印象を受けます。

そんなん誰でもわかっとるわ!って思われた方すみません。

その程度しか私推測できないんです。

でもそれはそれでいいもんですよ。

先や犯人がわからないドラマや映画で大体外しますから!すなわち裏切られる快感を存分に楽しめるってことです。

あ、最後にサクラって先に書きましたが、タイトルにする位だからきっとそのままの意味じゃないですよね?

深い意味期待します!

じゃあ第10話楽しみましょう!

-ドラマ, ブログ, 相棒16
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上