サッカー スポーツ ブログ

ウサインボルト サッカー動画で見せた実力とは?記録を残せるか…

投稿日:2018年1月8日 更新日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

陸上競技からの引退を表明したウサイン・ボルトがサッカー選手への転身を視野に入れている報道があった。

非常に楽しみでワクワクする話題じゃないですか!

あの世界最速、人類史上最も足の早い人間がサッカーをやるってその俊足で相手をごぼう抜き!

ってスーパープレーを期待してしまいますね。

そんなボルトがプロサッカー選手になることへの期待をまとめてみました。

 

Sponsored Link
 

 

ウサインボルトがサッカーに転向!?

そもそも短距離走でほぼ敵なしの状態にもかかわらず陸上界から身を引くことにもったいないと感じる方も多いと思いますが、その理由はそれは公表はされていないようです。

想像するところは陸上で不動のトップをとったが故に目標を見失ったとか、ここのところのタイムが伸び悩み全盛期からの衰えを感じざるを得ないとかそのあたりでしょうか。

引退後サッカーの道は以前よりボルト自身が望んでいたようです。

幼いころからサッカーが好きで、現在でも変わらないようです。

実際にそれはすでに行動に移していて日本代表・香川選手の所属するドルトムントで練習に参加していたらしいですね。

来日の際も川崎フロンターレに訪問するなどサッカー熱が高いようです。

 

ウサインボルト

 

サッカー動画で見せた足技が華麗ですごい!プロも認めたその実力って?

訪問した川崎フロンターレでは伝説の男が現れたということで、いつもはファン等にキラキラした目で見られいる側ですが、そんなフロンターレ選手たちがキラキラした目でボルトを見ていましたよ。

そんな中ボルトはおもむろに転がっていたボールに触れると、ケガの療養中とは思えないリフティングを見せると中村憲剛選手との空中パス合戦を展開しましたが、普通に上手くボールをコントロールしていました。

それを間近で見た憲剛選手は「上手い!」と高評価そしてビッグネームとのパスのやり取りに「足が震えた」とコメントされていました。

すでにこの時世界の12クラブからオファーが来ていたようです。

それは、ネームバリューもあるとは思いますが実際出場しても身体能力やボールさばきを見ていると活躍できそうな気がします。

 

Sponsored Link
 

 

史上最速のランナーはサッカーでも記録を残せるか…

正直言って私は残せると思います。

世界ナンバーワンをとったその身体能力や努力というものは、陸上競技でなくてもどのスポーツでも共通で必要な要素だからです。

2018年の今年32歳を迎えるボルトですが、スポーツ選手としては幕引きのタイミングだとは思いますがそれはモチベーションも左右する話だと思いますので、やる気さえあれば努力できるし、努力できれば結果はついてくる人物だと思います。

実際、30歳を超えて成功を収めている選手も多くはないにせよいるわけですから、一般的に言われることなど気にせず頑張ってもらいたいです。

田原直哉はどんな人?異色の経歴と年齢で初五輪を獲得した理由とは

そして、世界最速の圧倒的な足の速さでピッチを駆け抜けもう一度、私たちの度肝を抜いて欲しいと願います。

サッカー選手の中では身長196㎝と非常に高いですしその瞬発力でのジャンプで打点の高いヘディングシュートも大いに可能性があります。

仮にゴールを決めたらやっぱりあのポーズが出るのかも楽しみです。

2018年の3月にはまたドルトムントの練習に参加することを表明しているため、プロサッカー選手「ウサイン・ボルト」が生まれる日も近いかもしれません。  

-サッカー, スポーツ, ブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

  1. […] ウサインボルト サッカー動画で見せた実力とは?記録を残せるか… […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上