ブログ

ガレージ棚の作り方 (予算2000円)

投稿日:2017年11月20日 更新日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

この話はあくまでイナバ物置等のスチール系のガレージに焦点を絞って展開してきます。それ以外のガレージに該当するか否かはわかりませんが、参考となれば幸いです。

新規でガレージを購入した方の中には棚等の純正オプションを付けずに箱のみを購入された方は多いかと思います。なぜなら純正品ってすごくお高いですからね。因みに私もその中の一人で、中に収納するものは設置する前にすでに色々見繕ってあったのですが、完成してから愕然としましたね。どうやって収納しよう……|д゚)

よくよく考えればそんなことは契約段階で想定できるはずなんですが。。。要は恋は盲目ってことと同じですね(笑)

ってことはさておき、箱のみに対して当然スペースばっかりあって、まず考えたことは収納効率をどのように高めていくかでしたね。その手法は大型のメタルラック×3機と120×90cmの机×1、タンス×1の組み合わせで縦空間を埋めた形でした。(リサイクルショップで合計12000円)これでそこそこ収納はできたのですが、メインの大型の置物(釣り用ボート)が床面の1/3をとり動線確保を考えるとメタルラック等で縦空間をフルに活用しても、もう少しスペースが欲しい状態となりました。その中でボートの上の空間を有効に使えないかなぁと絞り出した案が今回紹介するタイトルの案件です。

空間有効利用するために吊るすという選択をしました。やることは非常にシンプル。コンパネを吊るす、それだけです。では具体的に紹介しましょう。

≪準備した材料≫
①コンパネ 900㎜×1800㎜ 1枚 ☞棚そのもの
②トラックロープ 20m ☞吊るすアイテム
③Uボルト+長板状のワッシャ+ナット 4セット

≪作り方≫
■①の四つ角より50㎜程度ずつ内側に入ったあたりにUボルトが通る孔をあけます。
■あけた四つ角の穴に③を入れねじ山が多少見える程度のところまでナットを入れます。
■②を4等分して③それぞれに通します。
■ガレ―ジの天井と張りの間で少し隙間が場所が存在しますので各ロープをその天井の隙間に通します。このとき気を付けることは①が壁に突き当たるようにロープ位置を決めることです。ただただぶら下がった状態のこの棚は使い勝手がよくありませんので。
■最後に①の四隅のロープを少しずつ交互に引っ張って棚を持上げて行きます。このときの注意点は1人作業の場合どこかに一時的に結んで固定しておくとやりやすいです。

Uボルトの軸ピッチ測定し穴あけしたつもりが5㎜程ずれていた関係でその修正に地味に時間を浪費してしまいました。あと私が使ったUボルト自体2本の軸が平行ではなくやや開き気味だったこともその要因かと思います。作業時間約4時間でした。

これで格安2000円で非常に効果的な空間利用ができる棚が完成です。安くて無駄ないってところがステキだと思いませんか。見てくれのことは言わないでいただきたい(-_-;)

では。

-ブログ

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上