アメフト スポーツ ブログ

日大アメフト ラフプレーの審判判断は正しい?3回目で退場はなぜ?

投稿日:2018年5月21日 更新日:

Pocket

日本大学アメリカンフットボールの悪質行為問題が内田監督の約2週間の雲隠れと大学側の後手後手の対応により非常に長引いていますし、この後も日本アメフト界や日本大学を巻き込み尾を引きそうな状況ですね。

内田監督自身での関学への謝罪やプレー背景の真相が注目を浴びている中ですが、原点に立ち返り疑問が湧きました。

それは3度の悪質プレーがあった中で審判のジャッジは正しいものだったのか?という視点です。

その点について調査してみました~

 

Sponsored Link
 

 

 

3度の危険プレーに対しラフプレー・反則行為・悪質タックル等どれがどれ?

まずは、この反則行為について色んな呼ばれ方をしていますので、3度の危険プレーについてそれぞれがどんな行為だったかを整理してみたいと思います。

映像を以下に張り付けましたが、その中で何かボールのようなものを審判が投げる場面がありますがそれはイエローフラッグと言って反則があった位置を明確にするためのものです。

 

1回目:明らかにボールを投げ終えた関学QBへの日大DLの悪質および危険なタックル

QBサックを狙ったプレーに見せかけたただの暴行とも捉えられてもおかしくないプレーです。QBは仕事を終えて完全に気を許しておりそこに背後から下半身に向けてスピードを落とさずタックルしています。アメフト用語で言えばレイトヒットの部類に入ると思われます。

 

2回目:関学QBがRBにボールを渡した直後に日大DLが関学QBへのタックル

このプレーはQBはボールをキープしてませんが、キープしているように見せかけてRBと反対方向に1人走っています。タックルについてはこれもQBサックを狙ったプレーです。

よくあるフェイントプレーの一種ですので悪質なタックルかはタックルした日大DLがボールを持っていたと思ったと言ってしまえば判断が難しい部分があると思います。

しかし当日大DLの選手は優秀なプレーヤーでありその分かりやすいフェイントに引っかかるのは非常に疑問です。

 

3回目:1プレー直前に日大DL91番と関学選手が小競り合い

もみ合いとなりそれがプレー終了後も続いた反則行為です。最終的に日大DL91番が退場判定されたプレーです。当然1回目、2回目のプレーを総合的に考慮しての判断だと思います。

 

まとめるとすべて反則行為(2回目は審判による?)ではありますが、ラフプレー悪質タックル危険タックルについては主に1回目のUnnecessary Roughness (アンネセサリーラフネス)に対する行為を言っていて、今回の事件の最も衝撃的なプレー(もはや暴行)でしたから代表行為としての総称のタイトルに使っているんだと思います。

ネット上も情報番組やニュースも一緒くたに説明していますので全てがそうだと思ってしまいますよね。

ただ恐らく今回の事件のキーとなっている1回目のプレーがなければこんな問題にはなっていないのではないでしょうか?

 

 

日大の危険行為に対し審判判断は的確だった?3回目で退場はなぜ?

振り返ってみると1回目ラフプレーで日大DL選手が退場になっていないのが不思議ですよね?ああいう風に映像として客観的に俯瞰して観れば明らかに1発レッドカードをもらってもおかしくない正真正銘の危険で悪質な行為です。

そういった振り返りの視点から行くと審判判断は不的確だったと言われてもしょうがないと思います。

しかし、流動的な試合の状況かつ審判の視野からすれば目の前で起こった行為とは言え、生きた時間感覚の中ではほんの一瞬の出来事でしょうし、そんな名門チームにおいて故意に悪質なプレーをするとは思えないといった先入観などがあるでしょうから、一瞬の判断を任されれば退場には至らない反則行為だったと判断してもおかしくはないかと思います。

審判が大きく叩かれていない要因としてはそういった事情があってのことだと思います。1回目で退場になっていない理由はそういった解釈をしました。

そうは言っても審判自身は違和感を感じていたのだと思います。2回目で退場にならなかったのは前述した通り、微妙なタイミング故に必ずしも不必要だとは判断されなかったんだと思います。

しかし、同一人物のプレーであることに警戒心が高まり、3回目の明らかな反則が目に余りかつ悪意を感じたため退場処分になったと推測しています。

ですから、仮に3回目だけの単発の反則事実だけであれば退場にはなっていないように思います。やはりキーポイントは1回目でしょうね。

最近は野球、サッカーではビデオ判定による試合中断が導入されてきていますが、当然フェアに判定していきたい意向があるといった要素になります。

試合が中断されるため良くも悪くも流れが止まるといった弊害が起きていて、熱が冷めるといったファン心情もよくわかりますがこういった悪質行為が大きな問題となってしまいそれが正しく判断されていなかったとなるとその場のビデオ判定というものの重要性が高まってきてしまいますね。

プレイヤーや観客としては中断は極力避けたいところでしょうから最低でもフェアプレー中のきわどい判定にのみ使うような前提にして欲しいですね。それには真摯なプレーというのが条件になりますが…

ぜひスポーツ精神というものを今一度大切に考えていただきたいものです。

 

Sponsored Link
 

 

日本フェニックス危険プレーは監督指示?反則行為のコメントを避ける理由は?

今回は練習試合ということで怪我しないよう無理をしないことが普通だと思います。その中でのこのプレーは故意としか言いようがありません。

報道では選手や関係者の中には「監督(指導者)からの危険行為の指示があった」とありますが、一方で日大のオフィシャルな回答としては「監督からの危険行為の指示はない」となっています。

そして、その真相は関係者しか知りえないのですが当事者である監督は反則行為の指示に対してのコメントは避けている状況です。その理由って何なんでしょうか?

因みに5月24日に日大から関学へ文書回答する予定となっておりその中に真相がかかれるか否かに注目が集まっています。

ですが、普通に考えれば監督もしくはその他コーチの指示が明らかになかったのであれば「指示はしていない」と公に言い切れば問題の拡大にならないのでは?と多くの人が感じているのではないでしょうか?

少し乱暴かもしれませんが、この状況からすると「指示があった」もしくは「指示ともとれる言動があった」と解釈するのが妥当であり、その弁明方法を事実と異ならないように内部事情を含め検討している状況だと捉えられてもおかしくありません。

そういった憶測を生んでしまうのも事件発生から2週間も監督が雲隠れしてしまったスポーツマン精神から逸脱した真摯的行動から程遠い、内田正人監督および指導関係者、日大そのものの体質に問題があると言わざるを得ません。

日大アメフト部 内田正人監督の評判は良い悪い?性格や人柄を調査!

アメフト日大フェニックス大量退部の原因は?監督の暴力的指導の噂等…

また、内田監督は辞任を表明されていますがこれは責任取りではなく責任逃れにも思えます。この案件によって出た被害者は直接的には負傷した関学選手ではありますが、間接的には日大のアメフト部員、さらには日大そのものの資質が問われているわけですから日大生全体にも波及する問題です。

責任の取り方は当然直接の被害選手への奉仕はありますが、その他試合キャンセルした関係大学、間接的に風評被害を受ける日大の生徒や関係者への配慮でありそれをなせるのは名誉と信頼の回復ではないでしょうか?

きれいごとを並べましたが、最大の問題は日大と監督の事後対応だったことに変わりはありません。

学生を育てていく教育機関としての責任を果たし正しく社会貢献できる組織になっていただきたいと切に願います。

関連記事↓

宮川泰介への日本代表辞退指示はなぜ?内田監督のパワハラ理由は何?

日大アメフト引退 宮川泰介は今後どうなる?将来復帰は就職先次第か?

 

-アメフト, スポーツ, ブログ
-, , , ,

執筆者:

Sponsored Link
 

  1. […] 日大アメフト ラフプレーの審判判断は正しい?3回目で退場はなぜ? […]

    • なおき より:

      一発退場でない審判の判定を、
      日大が謝罪に行かないのは当然で、
      審判のジャッジミスでしょう。
      最初の反則で退場にさせていたら、
      こんなに大事にならなかったと思う。
      あんなラフプレー見たことない、
      いくら潰せと言われても、
      ルールの中で潰さないといけないと、
      スポーツ選手なら考えないといけないんじゃないかな。
      それができなかったんだから、
      ちゃんと反省させて社会に出してあげないといけない。
      傷害罪で不起訴になっても、アメフトから離れさせないと、
      アメフトをやる人がいなくなるね。

  2. […] 日大アメフト ラフプレーの審判判断は正しい?3回目で退場はなぜ? […]

  3. […] 日大アメフト ラフプレーの審判判断は正しい?3回目で退場はなぜ? […]

  4. […] 日大アメフト ラフプレーの審判判断は正しい?3回目で退場はなぜ? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トドメの接吻 トドメのキス 菅田将暉 春海一徳 はじめてのチュウ さよならエレジー

トドメの接吻5話感想&6話あらすじ!菅田将暉ギターや歌は上手い?

トドメの接吻(キス)も中盤に差し掛かり、番組開始時の広告イメージとだいぶ印象が変わってきましたね。 これから終盤に向けて行きつく先(目標)が何なのかが明らかとなっていくため、見逃せない時期です! 当然 …

村上ショージ 現在 2018 独身 再婚 元嫁 離婚理由 有吉反省会 河中あい

村上ショージ 現在2018は独身?再婚した?元嫁との離婚理由は…

2018年3月31日(土)放送の「有吉反省会」に『河中あい』さんが出演されます! この方、少し前に話題となりましたね。覚えてますか? 説明すると「アパ不倫」と名付けられていますが、袴田吉彦の元妻で同い …

広瀬すず エゴサーチ とんねるず 失言 炎上発言 発言問題

シーブリーズCMの歴代女優(2018版)まとめ!最新の俳優&曲も調査!

毎年話題となるCMイメージキャラクターですが、売れること必至なジンクスが作り上げられているため選ぶ方も選ばれる方もドキドキになってることは間違いないはずです。 今年選ばれた女性は池間夏海さんという方で …

もみ消して冬 2018 わが家の問題なかったことに 山田涼介 波留 小瀧望 千葉雄大 

もみ消して冬5話あらすじ!山田涼介のかわいい演技力や顔芸って…

『もみ消して冬』第4話の感想と第5話のあらすじや見どころを考えていこうと思いますが、4回目ともなれば、見るほうもテイストに慣れてきたこともあり、作品自体の内容構成もよかったおかげで最も見ごたえのある回 …

吉田輝星 金足農業高校 イケメン ドラフト 侍ポーズ 意味 高校野球 甲子園 大友朝陽 WBC

吉田輝星 侍ポーズの意味や元ネタ・由来は?甲子園で禁止はなぜ?理由は…

毎年夏は高校野球で熱々ですね! 今年2018年も夏の甲子園大会(第100回大会)では高校球児たちが熱戦を繰り広げていて、感動をもらっています。 そんな中で快進撃を続けひと際注目を浴びているのが秋田代表 …

ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上