サッカー スポーツ ブログ

日本代表のベルギー戦逆転負けがキャプテン翼と酷似は何巻の話?

投稿日:

Pocket

ワールドカップサッカー2018ロシア大会の日本代表は進歩というか実力がこれまでよりレベルアップしたことを証明する大会でしたね!

川島永嗣を酷評するべき?パンチングミスとスーパーセーブをどう評価する?

決勝トーナメント進出し、初戦のベルギーに敗戦するも最後の最後まで勝てる期待を持てた接戦でした!

そんな、世界が称賛するほどの誰もが心奪われた試合展開があの超人気サッカー漫画・キャプテン翼酷似しているという話があります。

そこでキャプテン翼のどのシーンで何巻の何話なのか気になりましたので調べてみました!

 

Sponsored Link
 

 

サッカーワールドカップ2018のベルギー戦の日本代表の健闘が凄い!

相手のベルギーはFIFAランキング3位の超格上ですよね。日本は61位ですよ!それを考えれば今回の試合は相当な健闘だと誰もが思いましたよね。

ベルギーは超規格外のストライカー・ルカクを筆頭にベストメンバーでこの試合に臨んでいます。

ルカクの怪我の状態は良い悪い?日本戦は欠場?出場すれば止められない…

もちろん日本もコンディション含め最善のメンバーで臨んでいる訳ですが、その中でも一人一人が十分にそのポテンシャルを発揮したことで、強豪ベルギーを後半中盤まで圧倒していました。

これって日本のサッカー史の中でも凄いことだと思いますよ! まさかここまで善戦するとは思いもよらなかった人が多かったと思います。補足するともちろん勝利は希望するところではありますが、まさかのまさかで2点先取するとはだれも想像していなかったとおもいます。

ですが、ここから逆転できるのがベルギーの実力というか強豪たるゆえんですよね。

後半も後半で3点取り逆転されていますから、相手のペースになってしまうと追いつけないって程の差が未だにあるってことは確実です。

しかし各日本代表メンバーも世界で注目される選手が多数いますから、そういった部分においてもこれから世界と互角に戦える時代がやってきそうな兆しが見えました!

最高でした!

 

 

日本代表vsベルギー戦がアニメキャプテン翼と酷似?どのシーン?

なんでもこの試合展開、要は逆転劇というのがキャプテン翼と酷似しているという話です。

それって特にどのシーンなんでしょうか?

それは2-2で迎えたアディッショナルタイムにカウンターから逆転ゴールを決めるというシナリオのようです。

キャプテン翼の中では日本が勝利しているようですが、残念ながら現実はそう甘くないってことですね。

でも、対戦相手であるベルギーの監督や選手も日本の試合運びについては称賛しており、選手や個々が評価されるヨーロッパの何とか紙の採点では日本選手は軒並み高得点で高評価をもらっているようです。

それは、敗戦しながらもベルギー選手を上回る採点をされているようですから個々の評価かつチームとしての評価は世界のトップに劣らないことを認められたに等しいと思っています。

今回敗戦は非常に惜しいところまで行っただけに悔しさも倍で残念ですが、予選最終戦のポーランド戦での戦術パス回しによって酷評されたあとですから好評価を受けて汚名返上できたことに対しては本当に良かったと思います。

日本代表vsベルギー戦でセネガル審判をなぜ選択した?意味や理由は?

あとは、セネガルの審判の件もありましたが、超フェアな判定をしていたようですからいらぬ心配をしてしまったことと、セネガル審判への謂れのない疑いを謝りたいですね。これは世界的に。

その審判にもあっぱれです!

 

Sponsored Link
 

 

酷似したキャプテン翼の再現・予言シーンはアニメ・漫画で何巻の何話のこと?

話題の再現・予言シーンはどこなのかを探ってみました。

まずは、漫画では「キャプテン翼ライジングサン」というストーリーでオリンピックを舞台にしたストーリーですね。

この話は現在単行本としては9巻までしか発売されていませんが、グランドジャンプ内ではすでに完結している話のようですね。

キャプテン翼 ライジングサン 9 (ジャンプコミックス) [ 高橋 陽一 ]

恐らくは10巻、74話以降にこのシーンが登場すると思われます。内容は日本とドイツが2-2の状況でアディッショナルタイム(ロスタイム)に突入しカウンターから翼のゴールで日本が逆転してホイッスルと言った内容のようです。

また、アニメでは恐らく2001年10月7日から2002年10月6日に放送された第3作の第29話目以降だと思われます。

FIFAワールドカップを「インターナショナルカップ」として描かれており29話目よりドイツ戦が始まるようです。

恐らくそれぞれがその内容だと思われます。

そんな漫画みたいなことってエンゼルスの大谷翔平選手以外にもあるんですね~

大谷翔平のマイナー契約について、最新の海外の反応を調べてみた!

善戦だったからこそのドラマであると思いますから、そういった視点で見ればある種漫画的な展開でもありましたよね。

この後日本の試合が観れないのは残念ですが、世界トップクラスのチームが激突するゲームも見ごたえが十分ですからそれはそれで楽しみです。

あとはベルギーが優勝すれば、日本もベスト16の中で評価されていくはずですね!

-サッカー, スポーツ, ブログ
-, , , , , , ,

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

  1. […] 日本代表のベルギー戦逆転負けがキャプテン翼と酷似は何巻の話? […]

  2. […] 日本代表のベルギー戦逆転負けがキャプテン翼と酷似は何巻の話? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上