お笑い ブログ

めちゃイケ 爆走数取団が11年ぶりの復活! 人気企画だった理由とは!?

2017年12月2日

 

皆さん朗報です。めちゃイケで数取団が復活します!!

私が学生だった15年前、「めちゃ×2イケてるッ!!」全盛期と言っても過言ではない時期だと思いますが、周りの友達も当然のことのように、めちゃ×2ハマってました!!

今回、めちゃ×2面白かった記憶を呼び起こして、全盛期の人気企画であった理由を自分なりに分析しました。リアルタイムでご覧になっていた皆さんは面白かった記憶を呼び起こして、一緒に楽しみましょう!!

 

Sponsored Links
 



爆走数取団ってそもそもどんな内容だったっけ!?

ルール概要

・出演者は円形に並んだバイクにまたがる

・しりとりのような方式で前の人が「お題(物や人)」を言う、次の人が「お題の数(前回+1)とその単位」を言い、その次の人へ「お題」を言う方式。

例えば、消しゴム⇒1個・コアラ→2匹・畳⇒3畳(枚)・トマト⇒・・・・

・お題は使いまわし可能

・アウト(数を間違うor単位を間違うor時間内に答えられない等)になると罰ゲームで「関取団(力士設定)」と相撲を取らされる。

面白ポイント&キーワード

・「せーの!ブンブンブブブン!」の掛け声でスタートする

・仕切り直しの時は「よろしく!!」の掛け声が必要。  

・関取団との立合いで敗北を重ねるとマル秘写真を貼りつけられる  

・ぶっこみ⇒解りにくいお題や同じお題が連続した直後に似て非なるお題を出すこと、噛みやすい言葉や1文字の言葉等

爆走数取団 数取団 めちゃイケ 岡村隆史 11年ぶり 人気企画

 

人気企画だったその理由とは?

企画視点

・ルールがシンプルでわかりやすく、間違いや笑いポイントに集中できる!!

・関取団からのやられ方!!

・マル秘写真を出された人のマジ顔!!

・笑いながらも難しい単位を学べる。

人物視点

・極楽とんぼがとにかく際立った

  加藤浩次⇒狂犬キャラで気迫で数取団に向かっていき、他の出演者より粘りがすごい!!その粘りが面白かった!!

  山本圭壱⇒この時期のめちゃイケの中でも岡村と並びトップクラスに面白く私が最も魅了された芸人。数取部長を担当し、数取団との立合い時にヅラが取れて「朝香光代」という定番の流れを含め最も期待を持ちながら見ていた!!

Sponsored Links
 

 

めちゃイケの全盛期は極楽とんぼの全力投球と共にあり!!

前項まで少し真面目に書いてしまいましたが、ここからはザックバランに話します。

笑いを生み出すパフォーマンスとしてはナインティナインやよいこもそれぞれがキャラ濃く番組にはなくてはならない存在ではありますが、私の中ではとにかく極楽とんぼが輝いていました。

加藤と山本の定番の掛け合いはいつも楽しみでしたね。 また、もう一つ深堀すると、その中でもいつでも岡村と共に腹筋割れるほど笑わせてくれたのは山本圭壱でした。

その他企画でも踊れる(動ける)デブとして笑いの中核をになっていた中で、特に好きだったキャラは「油谷さん」でしたね。あれからもう15年近く経ちますがワールドカップが来るたびに思い出します(笑)

ってことで数取団が全盛期のめちゃイケを支えた人気企画だった理由は、企画内容もさることながらその内容にマッチした活躍を見せた「極楽とんぼ」にありとなりました。

皆さんもあの時の記憶を呼び起こしてニヤけてはいかがでしょうか。

【あなたにオススメ】

 

-お笑い, ブログ
-11年ぶり, めちゃイケ, よゐこ, ナインティナイン, 人気企画, 岡村隆史, 復活, 数取団, 極楽とんぼ, 油谷, 爆走数取団, 関取団

 

© 2020 背中合わせであっち向いてホイ!! Powered by AFFINGER5