スポーツ ブログ 体操

速見佑斗コーチの評判や評価は?宮川紗江&家族以外の関係者の見解は?

2018年9月2日

 

日本体操協会の意表をついたパワハラ問題が非常に話題ですが、その渦中の速見佑斗コーチの評判評価について調査してみました!

 



 

日本体操協会 速見佑斗(はやみゆうと)コーチの経歴やプロフィール!

まずは、速見佑斗(はやみゆうと)コーチの経歴プロフィールについて調査してみました!

 

出身地:長崎県

出身高校:関西高等学校、日本体育大学

所属:セインツ体操クラブ (旧:徳洲会体操クラブ)

生年月日:1983年9月27日

年齢:35歳 ※2018年9月

 

長崎出身で、野球部や体操部で有名な岡山県の関西高校へ進学していますから、きっと本格的に体操の道を歩むために名門校の門を叩いたのでしょうね。

さらに日体大に進学されて体操を突き詰められているようで、当然ながらオリンピックも目指していたようですが2008年北京で現役引退されてその後に現在のクラブに所属し日本代表のコーチに就任されています。

やはりオリンピック出場は一握りの人が獲得する凄い栄光なんだと分かりますね。

ただ、恐らく選手向きな人と指導者向きの人がいて日本代表でコーチをして世界で活躍していける宮川紗江のような選手を育てることが出来る指導者としての才能があったんでしょうね。

 

速見佑斗 体操協会 セインツ体操クラブ 徳洲会体操クラブ コーチ 経歴 プロフィール 評判 評価 感想 宮川紗江 関西高等学校 日本体育大学

 

宮川紗江との信頼関係は本物!?恋愛関係はない?

この事件で気になるのは、速見コーチの宮川選手への体罰が問題視されたことによる速見コーチへの協会からの無期限登録抹消という処分に対して、宮川選手及び速見コーチはことの事実は認めるものの処分の重さは不服としたことですよね。

対象となった宮川選手に至ってはそれは指導の一環でパワハラでもなんでもないという主張を文書や記者会見で行いましたね。

さらには協会側(塚原千恵子女子強化本部長)からそういった圧力を受けていることに困惑している旨を主張されていました。

 

 

これってネット上の意見を見てみるといろんな視点で解釈があり考えさせれられました。

宮川紗江 契約解除の原因や理由は?なぜ速見佑斗コーチを庇う?

一つは、速見コーチが正解という考え方になっていないか?っていう見方です。これを塚原千恵子はなかなかひどい言葉で表現されていましたが、その可能性を考える人も少なくなさそうですね。家族も含めて今回は問題ないと言っていることは間違いないようですから。

もう一つはスポーツの世界において多少手が出るくらい感情的に指導しないと変えられないこともあると言った意見ですね。

恐らく最近でこそ少なくなってきてはいると思いますが、そういった指導方法があったからこそ頂点に上り詰めたって人はたくさんいらっしゃると思いますから。双方が愛の鞭だと認識していれば全く問題ないのでは?という意見ですね。

あと、こんな意見もありましたが、もしかして恋愛関係なんじゃないの?ってことです。これは先ほどの愛の鞭に近い見方となると思いますが、仮に恋愛関係だったとしたら親公認ってことになるでしょうから、メディアで情報が出てきていてもおかしくないと思います。

ですので私の見解は、真ん中の信頼関係が本物で相思相愛の師弟関係だと思います。

 

Sponsored Links
 

 

速見佑斗コーチの評判や評価は?宮川紗江&家族以外の関係者の見解は?

速見コーチってどんな評判評価なんでしょうか?

私たちは処分を下された背景と結果のみを報道で知っているだけなので本人がどのような人柄・性格なのかあまり分かっていません。

今回の件では恐らく問題が大いにあるのかは回りの関係者が最もよく分かっていることだと思います。

特に印象に残ったのは体操協会の内情を知る池谷幸雄さんの言動ですね。

池谷さんはバイキングに出演した際、速見コーチのコメントと判断に対し涙を流してその心境を汲んでいました。

つまり、速見コーチの評判や池谷さんからの評価が低いのであればそういったことにはならず、今回の事件は起こるべくして起こったとあまり感情移入はできないと思います。

それに、速見コーチ本人のコメントにもあった、『自分の立場保持のために処分への不服申し立てをしていたが冷静になって「選手ファースト」を考え、その申し立てを取り下げた、自分の行った行為は許されることではないことは確かでその反省はしっかりとする』という処分の重さには納得いっていない中で、宮川選手のこれからを鑑みての行動をされていますから、信頼関係を築くことができるような評価をされる人物だとおもいました。

速見佑斗の会見動画の評価や感想は?今後の活動やコーチ復帰時期についても…

対して思いがけないところで自分の問題点を公にされた塚原夫婦ですが、自分は悪くないと言わんばかりに自信満々で一部音声を公開されていましたが、その内容を聞いても声の大きさは普通だったにしろ、かなり選手側が責められるような言葉遣いや言い回しなんかが目立っていて、墓穴を掘った感が否めない状況になっていますね。

この双方の対応を見るとお互いが普段からどういう前提で周りとのかかわりを持っていて、どういった振る舞いをしていて、どういった評価を受けているのかが何となく垣間見えた気がします。

少し尾を引きそうな問題ですが、宮川選手にはとにかく競技に集中できる環境を整えてもらって、今後の大会に向けて全力を出せるよう望んでいただきたいと願うばかりです。

【あなたにオススメ】

 

-スポーツ, ブログ, 体操
-オリンピック, 体操協会, 塚原光男, 塚原千恵子, 宮川紗江, 朝日生命, 池谷幸雄, 速見佑斗

 

© 2020 背中合わせであっち向いてホイ!! Powered by AFFINGER5