グローバル ブログ

アゼルバイジャン観光はバクー推し!イッテQ!紹介の石油黄金風呂

2017年12月8日

 

皆さん!アゼルバイジャンって国ご存じですか?何となく聞いたことあるって人も多いと思いますが、どんな特徴がある国かあまり具体的イメージないですよね。

私も中東のあたりっぽくない!?くらいのイメージでさっぱりです。。。ですので今回調べてみました!

Sponsored Links
 

 




観光は、真っ黒な石油(原油)の黄金風呂!イッテQ!イモトも挑戦

いきなり、何のこと?って展開ですが、いやいやその通りなんです!

まず、真っ黒な石油黄金風呂って言葉で説明するより見てもらった方が早いです。

いかがですが?まじか!黄金てか真っ黒!って感じですよね。

すでにわかってると思いますがその通りなんです。

バスタブに入ってる真っ黒なそれ石油(原油)なんです。

石油風呂 黄金風呂 石油  原油 アゼルバイジャン イッテQ! イモト 挑戦

 

石油に入るって大丈夫なの?ってみんな疑問を持つと思いますがそれが問題ないらしいんです。

この石油風呂にも日本の温泉みたいにちゃんと効能があって「痛みが引く」「美肌になる」等が事実としてあるようです。さらに信じられないですよね。

それがこの石油ってただの石油ではなく「ナフタラオイル」という一部の地域でしか取れない特殊な石油らしく、このナフタラオイルは毛穴から毛細結果に浸透し血行を促進するという知見があり効能の裏付けがとれているとのことでした。

ただやはり石油石油なので刺激が強いため10分ほどで出ないといけないようです。

あと、風呂って言っても熱せないから冷たいんじゃないの?って思われる方いらっしゃると思いますが、温度は38℃にしているようです。

また、においって臭くないの?って疑問もありますが、アロマオイルを混ぜており臭いって感じはなくそもそも気にならないらしいですよ。

そうそう、「黄金」風呂っていうより石油風呂じゃん!て思いますよね。これについては結果が分からず。。。特にバスタブが金色とか施設がそうとかじゃないですもんね。

単純に石油黄金って考えとけばいいんでしょうか。

これは分かる方いましたら、ぜひ連絡ください。⇒こちら
正解が出るまでは皆さんのご想像にお任せします!

Sponsored Links
 

 

第2のドバイ!首都バクーの原油事業で近年急速に発展!

カスピ海に面した首都バク―にはバク―油田なる天然資源が豊富にあり、その経済活動で国自体が儲かっているという状態は想像に難くないと思います。

そういう資源があれば未来何年分の国民生活がほぼ保証されたも同然!っていう感じにもなりますよね。

うらやまし過ぎて、なんか日本もそういった状況にあればいいのにってタラレバを考えてしまいます。

まあ、日本は色んな面で恵まれているのでその前提で話をすれば先みたいなただ1点に絞って「いいね」したくなりますが、現日本の生活ベースであれば逆境に打ち勝ってこそ人生楽しいって思えたりもしますね。

そんな感じで、あまり情報のない面白そうな国ですので一度行ってみたいですし、皆さんも行かれてみてはいかがでしょうか。

あ、あと「燃える丘=ヤナルダグ」って名所もあるらしいので調べた結果を別途報告します!

では。

17年12月10日 追加

アゼルバイジャンの治安やビザについて

【あなたにオススメ】

 

-グローバル, ブログ
-アゼルバイジャン, イッテQ!, イモト, バクー, 原油, 挑戦, 石油, 石油風呂, 第2のドバイ, 観光, 首都, 黄金風呂

 

© 2020