社会

新元号の選定方法・手続きを非公開にする理由とは?30年間も隠す意図って…

投稿日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

新元号『令和』が4月1日に発表され、すごく好感を持てると言った人や、違和感があってなじめない…とか様々な意見が飛び交っていますね!

ただ、その中で多くの人が抱いているのが、「令和」以外の新元号候補が何だったのか?ということじゃないでしょうか。

 4月1日に公開されてから、その当日に安倍首相がNHKの番組で30年間は非公開と公表をされていましたし、菅官房長官も「公開しない」といったことを公言されていましたので、お目にかかれないのか…と思いつつも、まぁ、そのうち、公になるだろうと高を括っていた矢先、1日も経たずしてその情報が入手されると言う展開に…

新元号・令和以外の候補5つの流出への罰則は?マスコミに罪はない?

いや〜マスコミもがんばりますね!

今回はそんな国民全体がすごく気になっている、新元号の選定方法を非公開にする理由について調査し私見を語ってみたいと思います!

 

大前提!新元号の選定基準について!

まず、一般的に公開されている(周知されている)選定基準・条件について確認しておきましょう!

 

・国民の理想として相応しい

・漢字2文字

・過去に天皇の「おくり名」と元号に使用されていない

・俗用されていない

・書きやすく読みやすい

・(アルファベット表記が明治M、大正T、昭和S、平成Hと被らない)

※6つ目は明確に言われていないようですが、明らかに配慮しているようです。

やはり、過去の歴史の中で247回にも上る改元が行われているだけあって、シンプルかつわかりやすい選定基準になっていますね!

元号〜全247総覧〜 [ 山本博文 ]

和暦と言うものが日本の文化として、また、それぞれの時代の象徴として存在するわけですから、唯一無二の存在感が必要となってきます。

そして親が子供の名をつけるように大切に、そして見えない将来の願いを込めてより深い意味をなす言葉をチョイスできるように設定されていますね。

このくらい明確になっていれば、結構すっきりしますし、かなり僕自身は好感を持てましたね!

 

令和 元号 新元号 平成

 

新元号案の選定方法・選定手続きを非公開にする理由とは?

ここまで明確に選定基準について定義付けされているのに、なぜ安倍首相は具体的な選定方法・選定手続きを非公開とするのでしょうか?

そんな疑問があるから聞いてみるって話はあると思いますが、恐らくそれについて、マスコミが安倍総理や菅官房長官を含め、その他内閣に質問したとしても、きっとそれらしく、かつ、掴み処のない回答が返ってくることがめちゃくちゃ想像できます。

毎年行われる、予算委員会などで追求されている政治家達の直接的ではない遠回しの回答を見ているが故に、表には出したくない裏事情があるようにしか思いません。。。

逆に、そうやって色々と勘ぐらせることで、政治への興味・注意を促そうとしている策略なのであれば、それはそれで相当高度な思想をお持ちになっているとしか考えられませんね(笑)

だって回答者含め内閣全体がそういった、不振の目で見られてしまうわけですからね。

で、その両視点で考えたときに、前者の場合の非公開にする理由として想定できる内容は、

・指摘やバッシングを受けしそうな明らかな内容がある

・実力者の政治的、個人的思想が反映されている

・何を公表してもどこかしらで必ず説明責任を求められる、ことを回避する

・重箱の隅をつつかれ、ひどく非難されることを回避する

あたりが妥当なところですね。

次に後者の場合を考えるとするならば、

・特に中身はない

・めちゃくちゃ正当な方法or客観的に見ても妥当性のある過程を踏んでおり、あえてマスコミに調べさせ「機密情報を発掘!」的な報道の中で逆に好感を上げる。

後者があり得るのか懐疑的ではありますが、可能性として面白いので上げておきました。

もしかすると、一般人には想像しえない、もっと壮大もしくは私利私欲のミルフィーユが存在するのかもしれませんけどね…(笑)

 

新元号の候補を30年間も非公開にする意図とは?

選考過程と同時に新元号として選ばれなかった候補も非公開にすると、公言をされていましたね。

その期間なんと30年間!

なぜ?って感じですが、30年と言う数字は、公文書管理法施行令で規定されている公文書非公開の最長期間であり、平成を決めた際にも用いられた数字なのでそれを踏襲した形です。

しかし、国民感情的には、選考過程はまだしも、最後の結論的な部分である候補くらいは公にしてくれてもいいんじゃない?と思うわけです。

ですので、なぜ非公開にするのでしょうね?

理由として考えられるのは、このあたりかと思いました。

・比べられてしまう⇒あっちの方が良かったという世論が高まると安倍総理や菅官房長官含めた関係者がバッシングされる

・国家としての方向性を示す漢字がある程度絞り込まれているため、候補が広く認知されれば、今後の改元時に使えなくなる恐れがある。(未来の可能性を残しておきたい)

・それぞれの意味の説明を問われることに労力を割きたくない

やっぱり、ひとえに公開と言えど、それに対する反響が予測できる部分があり、簡単に言うと『混乱・混沌』的な流れに世の中を誘導したくないといった考え方が妥当かと思いますね。

一般人視点であれば、公開に対するリスクは全く考えないですが、国民と対面する形である政治家は、広くその影響力や責任を考えているに違いないですね!

日本の元号ー平成から大化まで 由来と意味がよくわかる (新人物文庫) [ 歴史と元号研究会 ]

みなさん大変でしょうけど、頑張ってほしいです!

では!

-社会
-, , , , , , , , ,

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。