ブログ

3段ボックスを使ったキッチン家具の作り方(予算3,000円)

投稿日:2017年11月21日 更新日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

賃貸アパートやマンションのキッチンって結構狭いですよね。

キッチン専用の家具を購入しよう思っても、少し奥行サイズが大きいとか、横幅もうまく収まらなかったり、さらにちょっとしたレンジラック的な物でも1万円くらいしたりして、食器棚も必要となると さらに1万円・・・。とは言え、ないと不便だししょうがなく購入に踏み切る人が多いと思います。

私も学生の時、キッチン家具って結構高いなぁと思いながらもそれが当たり前と言い聞かせる形でそのくらいの金額を支払った記憶があります。思い返せば、お金のない学生さんや駆け出しの社会人には痛い出費ですよね。そんな少し引っかかる気持ちを抱きながら、社会人となりある引越しのタイミングでひらめきました。

それが今回紹介するキッチン家具を機能的かつ安く自作する方法です。自作とは言っても至極シンプルな自作ですので、あまり工作が得意でない方でも全く問題なく簡単にできますのでご心配なく。

では、紹介します。準備するものは以下のものです。

・3段ボックス2個

・90cm以上の板1枚(3段ボックスの幅もしくは奥行より少し幅の広い物)

えっこれだけ!?と思われた方のいるかと思いますが、それだけです。

ではどのように使うかというと、至極シンプルです。2個の3段ボックスの上にまたがるように板を乗せるだけで完成。

ね、自作って言っていいのかわからないくらい簡単でしょ!!

機能は3段ボックスの機能に天板上も利用できる優れものです。3段ボックスはくっつけず空間を空けて設置すると橋渡しした空間もうまく利用できます。

例えば、100均でネジ付きフックを買ってきて側面に付けるなどして、カゴをかければそこも3段ボックスの棚とは違った用途で使えますよ。突っ張り棒を置いて板を載せるでもOKだと思います。橋渡しの下側の空間は醤油等の背の高い調味料を置くことが可能です。

天板上は炊飯器や電子レンジやポットを置けますし、機能的には十分満足いくはずです。天板は固定するもしないも自由だと思いますが、微調整が出てくることが考えられる場合はとりあえず載せておくだけでいい(仮止め等や滑り止めは必要)と思いますし、微調整しないって場合はビスで止めてしまえば一体感がでて安定します。

これだけフレキシブルでそこそこ自由度の高いレイアウトが可能で、価格は3000~5000円程度で実現可能です。さらに最初に挙げたキッチンって結構狭いですよねに対しても3段ボックスだと奥行を取らないので動線スペースも十分確保できます。

このアイデア申し分ないと思いますが、いかがでしょうか?

安上りですので気軽にチャレンジしてそれぞれのアレンジをお楽しみいただけると幸いです。

では。

-ブログ

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上