ブログ モデル

Cocomi・kokiの生い立ち…幼少期や高校時代、現在まで!卒アル画像も!

2020年3月27日

 

元SMAP・木村拓哉さんと工藤静香さんの娘、長女・ここみちゃん(Cocomi)、次女・こうきちゃん(koki,)が共に超ハイブランドのアンバサダーといしてモデルデビューを飾ったことにめちゃめちゃ衝撃を受けました( ;∀;)

スター2人の子供というだけで注目度が高いのに、さらに、Diorとかブルガリとかインパクトがデカすぎるんですよ(@_@)

でも、確かにSNS等の情報をチェックすると、それに見合ったレベルのkimura姉妹だなぁと思ったりするわけですね。

堂々としているし、品があるし、画になるし、なにより心美ちゃんも光希ちゃんも2人とも可愛い(*'▽')

注目を集める長女・次女の2人が木村家でどういう風に育ってきたのか、品格が滲み出ているあたり、どう考えても育ちが良いとしか思えませんので、生い立ちが気になって仕方がありません!

そこで今回は、木村心美ちゃん、木村光希ちゃんの幼少期からの生い立ちについてできる限り、調べてまとめてみましたよ~(''ω'')

 

Sponsored Links
 

 




【幼少期】Cocomi・koki (kimura)の生い立ち、卒アル画像も!

まず、個人的にそもそも心美ちゃん光希ちゃんの年の差っていくつなの?何歳なの?ってことがよく分かりません。

基本成人している人からすると年下だとは思いますが、活躍ぶりからすると足元にも及びませんからね(^_^;)

 

Cocomi・koki (kimura)の 生年月日

ですのでまずは、生年月日から。

木村心美(ここみ): 2001年5月1日(18歳)  ※2020年3月現在

木村光希(みつき): 2003年2月5日(17歳)  ※2020年3月現在

 

ほぼほぼ 2歳差なんですね!

ホントに大人っぽい姉妹ですので、2歳差と言われてもピンとこない感覚ですが、、、

そして、若いですね! ※当然です(笑)

こんなに若くして、大成功状態ですから一般人の何倍もの努力をされているんだと思います。親の七光りとかコネとか、言われると思いますが、現実は本人達がそれに見合う努力をしていなければ、そのポジションに立てないと思いますからね!

 

 

Cocomi・koki (kimura) の 生まれた頃のキムタクは…

2001年~2003年頃というと、キムタクはSMAPとして、絶頂期だったと思います。

2000年 ライオンハートがミリオンセールスで大ヒット

2002年 1つのツアーで115万人動員(日本最多記録)

2003年 世界に一つだけの花リリース ※知っての通り日本の名曲に

記録だけでも、凄い活躍ですから、それを支えたファンの多さ熱量も半端なかったんじゃないでしょうか。

そして、たぶんこのころから熱狂的なファン以外も含めて絶対的な国民的スターとして定着してきた頃かと思います(^^)

 

その頃に生まれた、ここみちゃんこうきちゃんってなんだかすごいですね!国内No1アイドルで絶頂期のキムタクの元に生を受けたんですから。

運命でしかないのかな。

「ライオンハート」「世界に一つだけの花歌詞が染みてきますね( ;∀;)

世界に一つだけの花 [ SMAP ]

らいおんハート(SMAP)

 

Cocomi・koki (kimura) の 幼少期

Cocomiちゃんは、

3歳からヴァイオリンを習い始めています。また、英語堪能の姉妹ってイメージがありますが、それも小学校に上がる前から、英会話を学び始めていたみたいです。

 

 

学校で使っている名前は単純にローマ字じゃなくて、芸名と同じ「Cocomi (kimura)」なんですね!

 

kokiちゃんも、

同じく姉に続き幼少期から語学を学んでいて、今のトリリンガルに繋がっているようです。現在既にモデルデビューしていますがその興味はなんと、5歳のころからあったらしいです!

 

父親も母親も芸能界のトップを走った経験があるだけに、その厳しさや勝ち抜くための要素って分かっているんでしょうね。

だからこそ、幼少期から英才教育と言われるほど、芸能界のみならず社会人として勝ち抜ける実力をつけさせたかったのかと思います。

もちろん、キムタク・静香夫婦は自分たちをスターと自覚して子育てしたことでしょうから、娘たちがそれなりの年齢になったら芸能界入りということをイメージしていたと思いますけどね。

 

参考

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/bunshun/entertainment/bunshun-36798?page=2

 

Cocomi インスタグラム Dior Koki 公式  SNS 工藤静香 木村拓哉 ブログ facebook

 

【小学校時代】Cocomi・koki(kimura)の生い立ち

 

cocomiちゃんとkokiちゃんの小学生時代は何年~何年だったのかから、紹介します。

 

Cocomi・koki の小学生時期

木村心美(ここみ): 2008年4月~2014年3月

木村光希(みつき): 2010年4月~2016年3月

何と言うか、、、30歳以上の方からすると、きっと超最近じゃん…!って感じがすると思います。。。

言わずもがな、若い…(=゚ω゚)ノ

 

 

Cocomi・koki(kimura)が小学生時期の頃のキムタクは…

2008年~2016年の8年間、かなり長い期間ですね!

この間SMAP木村拓哉はどんなことをやっていたんでしょうか?

メチャクチャいろんなことがあったと思いますが、その一部として…

2008年 東京ドーム6日間公演(当時史上初)

2010年 公演観客動員数通算1000万人、紅白歌合戦トリ

2011年 初海外公演(北京)、紅白歌合戦トリ2年連続、デビュー20周年

2012年 紅白歌合戦トリ3年連続

2014年 FNS27時間テレビ司会

2016年 デビュー25周年SMAP解散(12月31日)

 

シングル曲も毎年のようにリリースして、軒並みオリコン1位を獲得していました。

で、最後のシングル曲は、

SMAP スマップ / Otherside / 愛が止まるまでは 【初回限定盤B】 【CD Maxi】

 

という曲でしたが記憶にありますか???

私は正直印象にないですね。。。

 

いづれにしても、ホントに不動の人気ポジションを獲得した後のスマップって個別の活動もみんながみんな素晴らしい活躍でしたし、今振り返っても名残惜しいですね。。。

 

この8年を切り取ってみれば、話題になることは当たり前というハードルの高さを含めて怒涛の8年間だったと思います。

ホントにキムタク&SMAPは凄いですよ。。。完全に雲の上なので私たちが思っているより何倍、何十倍、何百倍も凄いんでしょうけどね。

 

 

 

Cocomi・koki(kimura)の 小学校時代

小学校は、公立ではなく都内名門のインターナショナルスクールに入学したと言います。学費は約250万円/年間…

この学校は授業自体が全て英語で、しかもネイティブの会話力が必要らしく、日本人の中では既にハイレベルな英会話ができていたcocomiちゃんとkokiちゃんでも学校の授業についていくのは大変だったようです。

ちなみに、この学校の生徒は多くは英語圏の海外出身の子供たちだったみたいです。

現在の仕事上でも支障なく海外の方とコミュニケーションされている英語力は、その環境で備わったということですね。その厳しい環境を乗り越えたって言うだけでホントに凄いと思います。

私だったら、絶対に投げ出していると思いますね。

英会話もそうですが、

cocomiちゃんは、フルートを11歳からスタートさせ、kokiちゃんも、フルートとピアノをスタートさせ、日々練習に励んでいたようです。

 

 

姉妹共々コンクール・コンテストで入賞するなど、確かな実力を付けていることを考えると、小学生にして想像以上の練習をされていたことが想像できます。

 

これからの芸能活動に直結する肩書と能力だと思いますから、将来に向けた布石を打ちながら幼少期~小学生時代を過ごしたことが、少なからず分かりますね。

このあたりは工藤静香さんの意思が多く反映されているようですけどね。

参考

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/bunshun/entertainment/bunshun-36798?page=2

https://www.jprime.jp/articles/-/17471

 

Sponsored Links
 

 

【中学校時代】Cocomi・koki(kimura)の生い立ち、卒アル画像も!

cocomiちゃんとkokiちゃんの中学時代は…

 

Cocomi・koki(kimura)の中学生時代

木村心美(ここみ): 2014年4月~2017年3月

木村光希(みつき): 2016年4月~2019年3月

すぐ、ちょっと前ですね…(;^ω^)

単純に私自身の中学時代を考えると、何やってたのかすら思い出せませんが、くだらないことやってたことには変わりありませんね...(笑)

カノジョたちのような、厳しいながらも輝かしい実績なんて一つもありませんよ。。。何だか悲しくなりますね(>_<)

 

 

Cocomi・koki(kimura)が中学校時期の頃のキムタクは…

2014年~2019年の6年間、ホントに最近ですね!

2016年のスマップの解散後、キムタクは当然ソロとして活動していましたね。

映画やテレビドラマへの出演が主な活動だったように思います。

2017年以降の代表的な出演作品は…

2017年 A LIFE ~愛しき人~ 、 無限の住人

2018年 BG ~身辺警護人~、 検察側の罪人 、木村さ~~ん!

2019年 グランメゾン東京、マスカレードホテル

 

毎年のように、ドラマ、映画にチャレンジされていたんですね!

こうして、振り返ってみるとどれも見た事のある作品ばかりです。

唯一本編を見ていないのは、「木村さ~~ん!」です。これって確かGYAO!のバラエティ番組ですよね。

CMだけは気になっていつも見てます!

 

 

 

Cocomi・koki(kimura)の 中学校時代

中学時代も、小学生時代の延長上で英語教育に音楽とやはり今の活動に直結する部分を伸ばすために日々レッスンに励んでいたようです。

英語については、学校の授業スタイルや勉強が難しく東大生の家庭教師に教えてもらっていたみたいです。

また、Cocomiちゃんにはスクールに外国人のボーイフレンドもいたみたいです(*'▽')

そして、今現在でもcocomiちゃんの柱となっているフルートですが、なんでも価格200万円程度もする銀のフルートらしいですよ!Σ(゚Д゚)

道具一つとっても規格外ということが良く分かりますね。。。

学費も年間何百万円って費用が必要で、かつ、家庭教師や音楽の個別レッスンなど考えれば、教育費はさらにかさむのは間違いなし…

それだけの費用を出せるだけの収入は当然あるわけですから、凄い限りです。

また、kokiちゃんもcocomiちゃんもアルバイト経験も普通にあるということにビックリしました!だって、両親の年収が相当高いはずですから、アルバイトなんてする必要ないじゃないですか…

これは、きっと皇室のお嬢様がアルバイトを社会勉強として経験することと同じ感覚でしょうね。お金関係なく、日本社会とか普通の一般人がやっている生活がどんなもんか、知っておけ!ということなんでしょうね。

kokiちゃんは、それらに加えフランス語スペイン語も現在勉強中とのことで鵜す(;゚Д゚)

 

 

とんでもない姉妹ですね。。。

きっと、中途半端にやることは許されない考え方で教育されているんでしょうね。もしくは、両親が一流ですから、言わずとも雰囲気で感じていたり、そもそもDNAがそうなっているのかもしれません。

どれだけ強制したところで、出来ない子は出来ないと思いますから。

やっぱり、凄いですよ~。

参考

https://www.jprime.jp/articles/-/17480

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/bunshun/entertainment/bunshun-36798?page=4

 

 

 

【高校時代】Cocomi・koki(kimura)の生い立ち、

cocomiちゃんとkokiちゃんの高校時代は…って、ホント直近ですね。

 

Cocomi・koki(kimura)の高校生時代

木村心美(ここみ): 2017年4月~2020年3月

木村光希(みつき): 2019年4月~

ほぼ現在ですよね。

cocomiちゃんは先日、モデルデビューしたばかりであり、高校も卒業しました。

kokiちゃんもちょっと前に、モデルデビューしたところで、現在一応在学中ということらしいです。かなり仕事も並行してされていますが…

 

 

Cocomi・koki(kimura)が中学校時期の頃のキムタクは…

2017年~2020年の4年間、ほぼ現在ですね!

 

先ほど、2019年までの紹介していますので、今年の活動はと言うと…

音楽活動ですね!

ソロでコンサートを実施しています!

 

 

やっぱり木村拓哉ってめっちゃカッコいい(^-^;

こんなパパだったらみんな好きになっちゃうんじゃないかな…

で、さらに音楽活動のみならず、

テレビドラマ『 BG 』の続編が計画されていたりしますので、まだまだ突っ走っている最中だと思いますね!

娘二人に負けじと、日本一かっこいいパパを見せつけて欲しいです!

 

Cocomi・koki(kimura)の 高校時代

cocomiちゃんについては、桐朋女子高等学校音楽科に在籍しつつ、

全日本学生音楽コンクール入賞(2018、2019)

日本奏楽コンクール最高位受賞、管楽器部門1位、フランス近代音楽賞受賞(2019)

その他、コンクール入賞多数、あるなど、高校時代は特に音楽の賞を受賞しているようですね。

卒業を目前に控えた、昨年12月には『JPCO』というプロのオーケストラグループのメンバーに加入し活動をされています。

Cocomi(木村心美)のJPCOフルート初演奏はいつ?今後の公演場所や日程は?

 

オーケストラ界で勢いがあり注目されているグループですので、cocomiちゃんが加入したことによりさらに注目度が上がっていくこと間違いなしですね。

そして、先日2020年3月、高校を卒業されたとの報告がインスタグラムに上がっていました。

Cocomi・木村心美のインスタや公式SNSはコレ!かわいいレア画像も!

 

 

着物姿に合い過ぎですよ!かわいい~( *´艸`)

やっぱり、18歳に見えないくらい大人びてますよね。

この後は、桐朋学園大学音楽学科に進学予定で並行して、モデル業をつづけられるんでしょうか。

モデルオンリーでも十分やっていけそうな気がしますが、やっぱり音楽が大切なんですね。

美しい容姿で、美しいフルートの音色を奏でたら、美しいレベル超えてきますね...(=゚ω゚)ノ

生で聞いてみたい!

 

 

そして、kokiちゃんも、17歳とは思えません!

美人でかわいい…(´▽`)

 

kokiちゃんは、中学校から引き続きインターナショナルスクールに通っているみたいです。

その傍らでの、モデル活動…ブルガリやシャネルのアンバサダーを務めるために海外も飛び回り、世界クラスの活動です。

フランスにお仕事で言ってしまったら、そりゃ、フランス語習得したくなりますよっ!一般人の私でも…(覚えられる気がしないですが...)

ちなみに2019年に関しては、モデルデビュー後に作曲もしていて著名人への楽曲提供もしているっていいますからすごすぎです!

 

 

当時16歳でこのスペック…只者じゃありませんね。※既に分かってます…w

 

2人とも、今後の活躍が本当に楽しみですね!

 

 

Cocomi(ここみ)のプロフィールまとめ!

では最後に、今回紹介した内容を踏まえてプロフィールにまとめたいと思います!

 

Cocomiちゃんのプロフィールはこれです!

本名:木村心美(きむらここみ / Cocomi kimura)

生年月日:2001年5月1日

年齢:18歳 ※2020年3月時点

血液型:ー

身長:ー 

体重:ー 

出身地:東京都

出身校:インターナショナルスクール(小中)、桐朋女子高等学校音楽科、桐朋女子大学音楽科(在学予定)

所属事務所:Purple Inc.(工藤静香個人事務所)

アンバサダー:Dior(ディオール)

楽器:ヴァイオリン、フルート、ピアノ

 

 

 

Sponsored Links
 

 

koki(こうき)のプロフィールまとめ!

続いてkokiちゃんのプロフィールです!

本名:木村光希(きむらみつき / Mitsuki kimura)

生年月日:2003年2月5日

年齢:17歳 ※2020年3月時点

血液型:ー

身長:170cm 

体重:ー 

出身地:東京都

出身校:インターナショナルスクール(小中高)

所属事務所:Purple Inc.(工藤静香個人事務所)

アンバサダー:ブルガリ、シャネル

楽器:フルート、ピアノ

 

 

 

 

 

Cocomi・kokiの生い立ち、幼少期~現在までのまとめ!

では、ここみちゃん、こうきちゃんの生い立ちについてまとめます!

 

幼い頃から2人とも双子みたいに同じ方針で育っています。

どちらかというと、というか、ガチで英才教育ど真ん中ですね。

英会話ができるのは家族・彼女たちの努力とインターナショナルスクールで日常的な会話で英語を使う機会があった為です。

授業が英語って…ほとんどの日本人がついていけません!

並行して、フルートをはじめとする楽器を特訓する猛レッスンの日々。

それゆえに姉妹揃って、コンクールで入賞するなど成績は相当いいです。

ボーイフレンドがいたってことで、もちろん、学生生活の醍醐味!?である恋愛やアルバイトも満喫されていたようです。

 

 

姉妹でかなり仲良しみたいで、cocomiデビュー後間もないのですが、すでに何度もインスタグラムにツーショット写真が公開されていますね!

こんなスーパー姉妹は、叶姉妹依頼いないかもしれませんよ!

 

今回は生い立ちという内容でまとめましたが、もちろんこれからの活躍がまた伝説になると、陰ながら見ているこちらも大興奮です!

 

今後もどんどん話題を振りまく大活躍を期待しています!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

【あなたにオススメ】

 

-ブログ, モデル
-Cocomi, Dior, koki, ピアノ, フルート, ヴァイオリン, 工藤静香, 幼少期, 木村光希, 木村心美, 木村拓哉, 桐朋女子大学音楽科

 

© 2020 背中合わせであっち向いてホイ!!