ブログ

コロナ渦の読み方・コロナ禍と違いは?どっちかは間違い&いつから使い始めた?

2020年4月6日

 

2020年3月頃から『コロナとか『コロナなどの文字をよく見かけます。。。

その中で『』という意味とか、由来、使い方については調べてみたんですが…↓

 

『コロナ』というライバル!?が出現したためその違いって何なの…と。

加えて気になるのは、使い始めはいつ頃からなのか?

そして、最悪どっちかが間違いなんじゃ…とか、沢山の疑問点がありますので、そのあたり調査してみましたよ~!

 



 




「コロナ」はなんて読む?の読み方や意味は?

「コロナの読み方に迷ってしまう…そんな声も結構多く上がっています。

そこで、『』の読み方をおさらいしてみましょう!

そして、「コロナ」という深刻な社会問題に対して使っているので実は、意味に深い意味があるんじゃないか‥

など、

 

』の読み方をおさらい!

音読み = 

訓読み = うず

 

』の意味

うず、うずまき(水)

普通の意味はこれです。(あたりまえでしたw)

 

ですが、

 

「水がをまく様子」から、熟語として使われる際にはこういった意味を持つ場合がありますよね↓

「激しく入り乱れる」「穏やかではない様子」「目まぐるしく変化する動き」「周囲を巻き込みながら1点に向かう流れ」など…

 

要は、「ただ、らせん状に形を成す状態」を言う場合もあれば、「情景を表現する」こともあるということですね。

中(かちゅう)』という言葉が日常的に飛び交ういい例だと思います。つまり「コロナ」の意味は、

「コロナによって物事が混沌としていたり、コロナによって受けた影響の中心にいること」

という解釈で良いような気がします。

 

『コロナ』の読み方や意味

調査した結果から、『コロナの読み方や意味について考えてみましょう!

 

ちなみに『コロナの読み方や意味はコチラ↓

コロナ禍の読み方や意味は?渦・鍋のしめすへん(ネ)の使い方を徹底解説!

 

『コロナ』の読み方は、

コロナ = コロナか

でよさそうです。

 

また、意味としては、

世界先進国で入国規制、外出規制などせざるを得ない状況に世界情勢にも大きく影響を及ぼしているという、混沌とした状態を表現していることになると思われます。

 

禍 読み方 わざわい 災い まが まがまがしい 災害 災難 不幸 渦 しめすへん ネ 意味 使い方 由来 語源 違い どっちが正しい どっちが正解

 

『コロナ(コロナか)』と『コロナ』の違いとは?もしかしてどっちかが間違い…!?

では、『コロナ』と『コロナ』の意味の違いを確認してみましょう!もしかしてどっちかが間違いだったりして…w

 

 

私の調査の中では…

 

コロナ = 『コロナによる思いがけない災難・不幸、不利益』

コロナ = 「コロナによって物事が混沌としていたり、コロナによって受けた影響の中心にいること」

 

という違いであると解釈しました!

つまり、メディアではその報道の中での使い分けをされている可能性があるってことです!

なので、間違いということはなさそうですね!

 

Sponsored Links
 

 

「コロナ」と「コロナ」のいつから使い始めた?

聞き慣れない言葉だったんですが、いつから使い始めたんでしょうか?という疑問から「コロナ」「コロナ」共にいつから使われ始めたのか調べてみました!

あくまで個人で趣味的に確認するレベルなので、ネットニュースなどが対象となりますので、おおよそその時期から使われ始めたという目安くらいに考えてくださいね!

 

『コロナ』の使い始め時期と情報

 

ネットニュース①

DIAMOND online [2020年1月29日 5:00投稿]

⇒ https://diamond.jp/articles/-/227205

『コロナ』の走り…?直接的な表現はないですが、類似の表現をしています。

 

ネットニュース②

Money World [2020年2月5日 15:14投稿]

⇒ https://moneyworld.jp/news/05_00022501_news

『コロナ』と明確にタイトルとして表現されています。

 

ネットニュース③

m3.com [2020年2月4日 投稿]

⇒ https://www.m3.com/open/clinical/news/article/725632/

『コロナ』と明確にタイトルとして表現されています。

日付的には私の確認した中で最も早くタイトルもしくは本文内に「コロナ」を使ったネットニュースですね。

 

Twitter

ツイッター上で「コロナ」を最も早く使ったツイートです。

※あくまで私調べですw

ニュース記事より早いってそういった言葉の知見がある方なんでしょうね!

 

『コロナ』の使い始め時期と情報

 

ネットニュース①

ニコニコニュース [2020年2月27日 11:00投稿]

⇒ https://news.nicovideo.jp/watch/nw6697868

『コロナ』と明確に本文に表現されています。

オリンピック開催可否に関する内容ですね。

 

Twitter

ツイッター上で「コロナ」を最も早く使ったツイートです。

※上記同様、あくまで私調べですw

ネットニュースでは、明らかに「」の方が使われるタイミングが遅かったのに対して、ツイッターではほぼ同時期でしたね!

言葉に詳しい知的な方がいらっしゃるものですね!

 

 

「コロナ」と「コロナ」は使われている方はどっちが多い?

では、次に『コロナ』『コロナ』で使われているのはどちらが多いか比較してみました!

※暇人ですw

 

これはネット検索結果の投稿件数で比較してみたいと思います!ひとつひとつ数えるなんてことはできませんからね...w

 

yahoo検索を使って、本文およびタイトルにそれぞれが含まれる件数という前提で比べてみますね!

 

「コロナ」「コロナ」がタイトル&本文に使われている記事数比較

細かいことは抜きにして、検索結果数を紹介します。

ちなみに、期間は2020年4月6日以前です。

 

コロナ = 約3600万件

コロナ = 約  290万件

 

「コロナ」「コロナ」がタイトルのみに使われている記事数比較

 

コロナ = 24000件

コロナ =     783件

 

比較結果

明らかに「」の方が「」よりも多いですね!

タイトル&本文 では 約12.4倍 の差

タイトルのみ では 約30倍 の差

 

=わざわい」という意味合いを表現として用いる方が状況にマッチしているんでしょうね。

 

 

コロナとコロナの違いとは?使い始めはいつから&どっちかは間違い?まとめ!

では、最後にまとめますね!

 

『コロナ』と『コロナ』の違いは、私見として、

コロナ = 『コロナによる思いがけない災難・不幸、不利益』

コロナ = 「コロナによって物事が混沌としていたり、コロナによって受けた影響の中心にいること」

という解釈をしました。

ですので、どちらも言葉の間違いでは特にないと思います!

 

それぞれの使い始めは、ネットニュースでは、

『コロナ』=2月初

『コロナ』=2月末

でした!

Twitterでは、共に1月24-25日ごろでしたね!

 

どっちが多く使われているかというと、

『コロナ』が『コロナに対して12-30倍程多く使われていました!

 

これで、当初の疑問も含めてかなりスッキリできました!

ちょっとした疑問ですが、調べてよかったです~!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それでは!

 

【あなたにオススメ】

 

-ブログ
-,

 

© 2020 背中合わせであっち向いてホイ!! Powered by AFFINGER5