スポーツ ブログ 陸上

蘇炳添のプロフィール!100m自己ベストやスタートが凄い!読み方も

投稿日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

スペインで2018年6月22日に開催された陸上国際大会でアジア人が短距離レースの花形100mで9秒台のタイムを記録しました!

その選手は中国の蘇炳添です!

あまり存知上げない方でしたので調査してみました!

 

Sponsored Link
 

 

陸上短距離100mアジアタイ記録&中国新記録樹立!

なんとこの日、蘇炳添が出したタイムは9秒91(追い風0.2m)というタイムで、アジア圏では現在最高記録のようです。

カタールのフェミ・オグノデ選手が最初に記録しており記録更新とはなりませんでしたが、その最高記録に並ぶタイ記録としてアジア人最高の速度となりました。

また、この大会では当然のことながら優勝を果たしたようですね。 日本記録は2017年に桐生祥秀が樹立した初の9秒98ですが、その際には追い風1.8mでしたから今回はさらに凄さを帯びています!

桐生選手は2015年にも参考記録ではありますが、9秒87という数字をマークしていますが、この時は追い風3.3mでしたので9.98と比較し妥当かもしれません。

てことは無風もしくは向かい風だと9秒台は難しそうですよね。

そこはもちろん諦めている訳ではありませんので頑張っていただきたいですが…

それにしたってこの中国選手はほぼ無風状態で9秒91のタイムを樹立している訳ですから、素晴らしい実力と言わざるを得ません。

 

 

蘇炳添選手のプロフィール!出身地、身長、体重、年齢…名前の読み方も!

蘇炳添選手のプロフィール紹介をしようと思いますが、まずは読み方が分かりません。難しすぎます!

読み方は、「スー・ビンチャン」「そへいてん」と読むらしいです。

出身地は中国広東省中山市で身長172㎝、体重65kg、ってことで非常に絞られた肉体で筋肉粒々の体つきがイメージできますね。そりゃそうか。瞬発力競技ですからね。しかも結構イケメンですから、女子たちからモテてるんかもしれません。

そして年齢は28歳ですからそろそろ肉体的な衰えもしてきそうなところでの記録樹立は凄いことです!

成績を見てみると、やはりかなり上位入賞されていますね。しかしその入賞も2009-2015年でアジア大会や国内大会が多く世界大会になるとやはり格差があるのか予選敗退や準決勝止まりってことが多いですね。

そのあたりは、そへんてい選手に限らずアジア圏の限界も感じたりしてしまいますね。そうですよね。世界はそのころウサイン・ボルトやタイソンゲイ等、9秒台を普通に出してくる強豪があつまってますから、9秒台と言っても9秒80を目指すくらいのレベルなんですよね。きっと。

その中でアジア圏ではいまだに10秒の壁ですからなかなか世界大会では活躍できないことは納得せざるを得ません。

そして蘇炳添選手はここ数年、結果がなかなかでなかった中でのアジアタイ記録樹立ですから相当喜んでいるんでしょうね!

この勢いで2018年はアジア記録を塗り替えていただきたいですね!

 

Sponsored Link
 

 

スー・ビンチャン選手の100m自己ベストやスタートダッシュ、室内60mも凄い!

ところで蘇炳添選手の100m大会記録は分かりましたが、自己ベストってどのくらいなのでしょうか?

大体は公式記録よりもいい記録が出ていることが多い印象ですから調べてみました!

そうするとやっぱり自己ベストの方が若干上回ってましたね。9秒90でなんと今年の5月26日にアメリカで樹立しています。しかしこの時は追い風2.4mで参考記録扱いだそうです。

てことは今年の調子がいかにいいかが見て取れますね。

さらにその記録には欠かすことのできないスタートダッシュが持ち味ではないかと私自身は思っています。

それを裏付けるかのように、室内60m走も2009年以降アジア大会で優勝をしており、これも今年3月3日に6秒42という世界歴代5位の記録を樹立すると共にそれが室内アジア記録となっています。

惜しくもこの大会では2位となっていますが世界に通用するスタートダッシュの持ち主であることが証明されているような気がしますね。

また、今年に入ってこれまでで最も調子がいいことを記録で証明していますね。

本当に今年100mのアジア記録更新がなされるかもしれませんね。

応援します!

関連記事↓

君嶋愛梨沙(日体大)ハーフで出身地は?ボブスレーの練習が超独特!

ウサインボルト サッカー動画で見せた実力とは?記録を残せるか…

-スポーツ, ブログ, 陸上
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上