ブログ 音楽アーティスト

AAA浦田直也の性格や評価は?反省してない最低会見は実は真面目だった?

投稿日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

AAAの浦田直也さんの逮捕による謝罪記者会見が反省してないように見えて最低と言う評判でしたが、実際彼自身の性格や普段の評価ってどうなんでしょうか?

調べてみました!

 

Sponsored Link
 

 

AAA浦田直也の普段の性格は?

今回は泥酔状態で好きな楽しい飲みの領域から逸脱してしまったことがまずかったわけですが、普段の浦田直也さんはどんな人物なんでしょうか?

会見でも分かる通り、『明るい』という特徴を持っています。そして、正義感が強く負けず嫌いなところもあるらしいです。

 

 

そりゃ今の活動がその両方も持っていなければ成立しない気がしますから当然と言えば当然ですね。

そして、面白く場の雰囲気を盛り上げるムードメーカーな部分があり、遊び心も忘れず、まさにリーダーとしてふさわしい人物らしいですよ。

こんな人物ですから、根は超真面目でめちゃくちゃ前向きな人らしいです。

やっぱり、AAAというグループが今のような人気を博している状態にまでなった要因と言うのは、グループのまとめ役として能力を有効に発揮したことが考えられますよね。

 

浦田直也 AAA メンバー 人気順

 

浦田直也のグループメンバーの評価コメント!

実は、非常にグループメンバーや関係者・スタッフから慕われていたということらしいです。

そりゃそうか。前述した性格と言うのは思いっきりリーダーとしての資質を持った方だと捉えることが出来ますし、責任感が強いってことは、それってスタッフや関係者の人への気遣いもできているため、慕われるんでしょうね。

 

 

西島隆弘さんが何かの番組で語られていましたが、AAAはリーダーが引っ張ってきてくれたからこそ、まとまってここまでこれた、的なことをおっしゃってました。

ですので、やはりその面倒見というかやさしさというか、色んな側面で人望があったんだと理解できますね。

AAAメンバー人気順&カラー2019版まとめ!過去の加入・脱退の歴史も!

 

個性豊かで年齢もバラバラなグループを一つにまとめるってそうそう出来るものでもないですよね。これって意識したって簡単にできる訳ではないですから、やっぱりリーダーとして慕われるための才能があったとしか言えないですね。

それだけに、今回の件は非常に残念ですね。。。

 

 

Sponsored Link
 

 

AAA浦田直也の反省してない最低記者会見は実は真面目だった?

そういえばTOKIO山口達也さんもそうでしたよね。。。

普段は面倒見が良く、非常に紳士的でユーモアあふれるリーダー的な存在であるのに、一度酔ってしまうとその特徴が一変してしまうっていう。。。

山口達也 書類送検の意味や逮捕との違い、報道でメンバー呼びの理由は?

 

で、話を本題に戻しますが、浦田直也さんの記者会見は『半笑い』『ヘラヘラしてる』ように映り『本当に反省してるの?反省してないんじゃないの?』と言うような評価を視聴者からはされている訳ですよね。

そんな中で僕が思うのは、敢えてあの状況でふざけることがあるのか?ってことです。もしあるとすればなんのメリットがあるの?と。

これって非常に考えにくいんですよね。

ですので、実は、というか当たり前に彼の中では真面目に会見に臨んでいるつもりだったと思います。

如何せん、素の状態が前述したような、明るくユーモラスでまっすぐな性格ですから、逆に素の状態を見せてしまったが故に炎上するといった結果を招いたのかなぁと思うわけです。

それであれば、すべての人がいたたまれないですね。。。表現方法と個々の気持ちが相反しているという状況ですから、浦田直也さんからすれば完全なる不本意ですよね。

まあ、そのあたりの表立った表現も含めてエンターテインメントだと考えれば、それは浦田直也さんの実力が甘かったということになってしまうわけですけどね。。。

ってことで、不真面目的な印象が思いっきり付いてしまったAAAの浦田直也さんですが、実は真面目過ぎたが故にそうなってしまったと僕自身は推測します。

ですので、批判される皆さんはそういったバックボーンを考えつつ批判された方がいいかと思います!

では!

 

-ブログ, 音楽アーティスト
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

  1. 名無しおっさん より:

    同意します。こういう考え方を探してました。

    AAAファンではありません。人間観察好きでこの件に注目してました。

    会見は
    反省量の維持表出(溜めて、情と台詞を重なる様に語るべき場面)よりも頑張ろう頑張ろうと懸命さが先走っている印象を受けました。

    薄い唇と口角やその動き方。良いときには多分『クールで爽やか』とされそうな口元。
    しかしフルコンボ逆作用し最も批判されている『ヘラヘラ』ビジュアルに。
    ヘラヘラしている様に見えてしまう人の最上級、なんて観てました。

    やってしまったクズ事件は擁護しませんが、(与える印象こそ命の芸能人にしては大失敗だが)ヘラヘラ印象で全否定し攻撃するのは間違っていると思っています。

    悪い印象って「被害者に反省の弁ガー」みたいな盲目なつぶやきまで生む、と学びましたね。

    “当たり前に彼の中では真面目に会見に臨んでいるつもり”←ココ良いですね♪

    長文失礼しました。最近眉間にシワが入り怒って見える様になった者より。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上