ブログ 文化人

宮崎謙介はフライデーでなく文春!浮気相手との過激LINE詳細まとめ!

投稿日:2018年12月13日 更新日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

元衆議院議員の宮崎謙介さんと嫁・金子恵美さんをテレビでよく見かけますが、夫に不倫報道があったよな…と。

金子恵美が離婚回避した理由にあ然…性格良すぎて逆に悪い評判に?

何となく思ってはいたのですが改めてどんなスクープだったのか気になったので調査してみました!

 

Sponsored Link
 

 

宮崎謙介フライデースクープ…ではなく文春砲!どんな不倫だった?

宮崎謙介さんのスクープはどこの週刊誌が報道したんでしょうか?

そんな基本情報すら知らない状況だったのでまずは、そこからですが、フライデー不倫…ではなく週刊文春による文春砲だったらしいですよね。

てか、議員さんって頭賢いしきっと紳士なんでモテるんでしょうね!

後藤田正純 フライデー&文春スキャンダルまとめ!息子の女好きが止まらないwww

宮崎謙介さんの不倫がどんな状況だったのかというと、 2016年年明け、嫁・金子恵美さんが第一子を妊娠中&出産直前だった時期に、某女性タレントと宮崎さんが大人の関係となったという内容で当時は状況が状況なだけに「ゲス不倫」と言われていたようです。

さらには、2015年末に国会議員男性としては初の『育児休暇』を取得するという宣言をしていたために、その矛盾する行動に批判が集中し話題をさらいました。

そして、結果的には育児休暇という短期間ではなく辞職と言う形になりましたね。

 

 

いや~、男として魅力的な女性が近寄ってきてしまったら…と考えると強く言えないところはありますが、その八方塞がり状態でよく本能の赴くままに行動出来たな…って思いますね。

逆に凄いと思いませんか?私なら怖くて絶対に出来ませんね(笑)

 

宮崎謙介 フライデー 文春 浮気相手 LINE まとめ 文春砲 週刊文春 金子恵美 嫁 国会議員 衆議院議員 ゲス不倫 不倫 育児休暇 宮沢磨由 タレント ミス湘南 出会い

 

元衆議院議員・宮崎謙介の浮気相手は誰?宮沢磨由との出会いは?

ところでその浮気相手の女性タレントって誰なんでしょうか?

なんでも宮沢磨由という超スタイルがいい美女らしいんですよね~

タレントさんってことで東京在住だったようですが、宮崎元議員の京都のマンションまで遠征してきていたらしいですからなかなかの情熱ですよね。

生年月日が1981年12月30日生まれってことで、宮崎議員が1981年1月17日生まれですから、同年代で意気投合したんでしょうか?

また、2007年には「ミス湘南」に輝いたり、特技としてクラシックバレーやジャズダンス等、多才で美女タレントとして活動できる地盤があったようですね。

2人の出会いも結構ドラマティックで、初対面が通常国会前だったらしく「着付けってどうやるの?」と手を握られて、その甘いイケメンマスクと気さくで優しい感じが好印象だったようです。

その印象は『イメージしていた国会議員と違った』と。そしてフェイスブックで友達申請を彼女の方からしたらしいです。

まあ、なんというか少女漫画とは行かないまでも、女性なら体験してみたいようなエピソードじゃないでしょうか?

出会いは突然に…的な(笑)

 

Sponsored Link
 

 

宮崎謙介と浮気相手・宮沢磨由の過激なLINE内容の詳細まとめ!マジでヤバい!

そんな出会いをきっかけに宮崎議員からのアプローチでゲス不倫がスタートしたそうです。

要は、宮崎議員は大の女好きってことですね。。。

女好きは世の男性のほとんどだと思いますがここまでの行動力はやはり議員ならではでしょうか(笑)

で、そんな宮崎議員のLINEを使ったアプローチがもの凄かったようです!

なんと一日400回以上のやり取りをした日もあったとか。。。普通の付き合い立てのカップルでもそんなにやり取りしませんよね(笑)

 

そしてその中やり取りの中には、

「私のど真ん中はソナタ」

「好き」

「会いたくてソワソワしてる…」

等の下心丸出しのメッセージを発信するまでに燃え上がっていたらしいです(/ω\)

 

そして、この時期ベッキーのゲス不倫で世の中持ち切りだった状況でしたので、 『ラインの内容を削除しよう…』と証拠隠滅を指示されることもあったとか。

最近もゲス不倫は色々とありますけどね…

錦戸亮 不倫相手の画像を発見!職場や密会ホテル・大阪のクラブはどこ?

 

こんな驚きの詳細情報が流出している時点でハニートラップではなかったのか?という想像をしてしまいますが、実はこれはないということです。

浮気相手・宮沢磨由さんとしても、本当に好きだったようですがイケない不倫関係ということも理解した上でもその気持ちを抑えきれないくらい燃え上がっていたということらしいです。。。

それだけの魅力を持っていた宮崎議員恐るべし…だと思います。

そして、人間は自分の欲求のままに動いてしまう動物なんだなと思った次第です。 こんな本も出版されているようですから、人間はそういう生き物なのかもしれません!

不倫女子のリアル

私も同じ状況になったら理性で衝動を抑えられるかは…(笑)

では。

-ブログ, 文化人
-, , , , ,

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。