スポーツ ブログ 野球

中森俊介を大阪桐蔭がスカウトしてた?明石商業への進学理由に感動!

投稿日:2019年8月11日 更新日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

2019年(第101回)夏の甲子園も盛り上がりまくってますね!

夏の甲子園2019の注目選手は?投手は星稜・奥川以外もクソ熱い!

そんな中、ドラフト候補の注目選手について気になったことを調べて綴っています!

今回は、明石商業高校の2年生エース・中森俊介投手についてまとめてみました!

 

Sponsored Link
 

 

明石商業・中森俊介投手のプロフィール!出身中学校など…

まずは中森投手の基本情報を共有しておこうと思います!

プロフィールはこちら!

名前(読み方):なかもりしゅんすけ

利き腕:右投右打

身長:182㎝ 

体重:83kg 

出身地:兵庫県

出身校:篠山市立篠山東中、篠山市立福住小

生年月日:2002年5月29日

年齢:17歳 ※2019年8月時点

中森投手は小学2年生の時に「多紀野球少年団」に入団し、軟式野球をスタートさせました。

そのまま中学校でも、軟式野球部に所属していましたが、3年生夏、野球部の引退と同時に「三田ボーイズ」に入団し硬式野球を始めています。

つまり、高校入学時点で1年弱ですが、硬式野球を経験していたってことですね。

元々体格もかなりいいし軟式であれど実力があった中森選手ですので、硬式経験が加わることで入学した時点で同級生に相当なアドバンテージを付けた状態だったと思われますね。

その証拠に、1年生時点で既にベンチ入りしていました。

目標はなんと、5回連続の甲子園大会出場ってことみたいです!

 

 

かなり厳しい目標な気もしますが、実際2019年夏時点で、3回出場しているってことからすれば、実現できそうな感じもしてきますね!

高校野球としての先がまだある選手ですから、ここからの伸び代に大いに期待ですね!

でも、これ以上伸びたら敵なし!?になっちゃうかもね。。。

 

中森俊介 投手 ピッチャー 兵庫県 出身 出身中学 小学校 中学校 明石商業 大阪桐蔭 兄 三田ボーイズ 硬式 軟式 野球部 甲子園 高校野球

 

中森俊介投手へ大阪桐蔭の勧誘(スカウト)があったのは本当?

実は、中学生の時に強豪校にスカウトを受けていたって話があります。

どこかというとそれは、テレビ番組の「高校野球総選挙・最強高校」に選ばれた大阪桐蔭高校だったらしいんです!

これは高校野球ファンが選んだアンケート結果なんですが、僕自身も納得ですね。

ここの所、甲子園出場校の常連であり、数々の強者をプロ野球に送り出していますよね。

日本全国でホントに実力・知名度はNo1だと思いますね。

ひと昔前のPL学園的存在です。

週刊ベースボール増刊 2019 甲子園 展望号 2019年 8/31号 [雑誌]

 

という余談はさておき、

高校野球の超名門校からオファーをもらっていたって本当なんでしょうか?

そして、それが本当ならば断る理由って何なんでしょうか?

とりあえず僕がもしスカウト受けたら、高校受験せずに進学できるわけですから、二つ返事だと思いました(笑)

でも、中森選手が仮にスカウトを本当に受けたとすれば、そうじゃなかったってことですよね。

断る理由として考えられるのは、強者が集結する高校ですから、『レギュラー争いが激しすぎるためそれを敬遠した。』

くらいしか、想像できませんね。。。

 

しかし、

そもそも大阪桐蔭からのスカウトがあったって話のリソースやエビデンスがどこにも見当たりません

 

一方で、

チームメイトで同学年の来田涼斗選手に関して、大阪桐蔭からのスカウトがあったと噂されている情報があります。

来田涼斗 性格もイケメン!明石商業への進学理由が男前すぎて胸キュン!

 

同じ2年生で、同時に報道されることが多かったが故にそれを読み取り間違えられているんじゃないか?というのが僕の見解です。

とは言え、中森俊介選手が明石商業高校への進学を決めた理由がとんでもなく潔いのでそのエピソードを紹介しておきます。

 

 

Sponsored Link
 

 

中森俊介投手が明石商業への進学を決めた、直球エピソードに感動!

ちなみに、この明石商業高校への進学理由については、明らかに来田涼斗選手のエピソードが語られているサイトがあります。

その内容は、「明石商業へ進学した野球部所属の兄が甲子園本戦へ進出できなかったため、その夢も背負って戦う」という内容です。

 

中森選手については、少なくとも3歳年上の兄の存在があり幼い頃に兄とキャッチボールをしたエピソードは語られていますが、「甲子園本戦への…」みたいな話は公の情報としては見つけきれませんでした。

ただ、少なくとも進学理由には以下のエピソードがあるようです。

 

中学生の頃、明石商業へ野球の練習を見学させてもらえる機会があった。

高校生の練習には相当の衝撃を受けた。

中学生とはレベルの違うガタイの良さや、隙のない練習態度、など…

練習に真剣に取り組む明石商業野球部員の姿に感動し、『絶対にここ野球をしたい』と誓ったらしいです。

 

この前提が、前述した、軟式野球である中学部活動引退後に硬式野球の三田ボーイズに入団したってところに繋がるんですよね。

しかし、ここまで自分の目で見たものを信じド直球で、そこを目標にしていくってあたり、ホントに清々しいばかりですし、逆にこっちが感動しちゃいます!

ザ・青春って感覚で良いじゃないっすか~

Sounds of 甲子園球場 夏の高校野球編 [ (オムニバス) ]

 

ということで、中森選手の高校野球生活は2020年までありますから、その成長を楽しみにしていきたいと思います!

 

それでは!

林優樹の球種や投球フォームの凄さとは?U18候補に挙がる理由!

-スポーツ, ブログ, 野球
-, , , , ,

執筆者:

Sponsored Link
 
 

関連記事

 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




ニックネーム:まぼ

性別:男

特徴:不器用・失敗続きだけどポジティブ

 

ここ最近こんなことを考えながら生活しています。

直面する事柄に対し一喜一憂することは、本人の基準や気持ち次第であり、ある人にとってはうれしいことであり、ある人にとっては残念なことになりえます。

要は、その状況を自分自身に置き換えた時に自らの視点(心の持ちよう)で捉え方が変わるってことです。自分の精神がオーバーフローしないようにコントロールしていけばストレスなく生活が送れるようになり、幸せになれそうな気がしています。

そうっ!!結局全て自分思考次第なんです!!

人に依存しない思考で生きて行きましょう!!

以上